HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治スタッフブログ


 

ネット通販拡大を受けて拠点争奪戦が活発化し始めました。楽天は電子商取引のさらなる普及には、さまざまな受け取り方法を実現する「受け取り革命」が重要になるとして日本郵便と提携。4月都内25の郵便局に当社でも採用している日本宅配システム㈱「宅配ロッカー」を設置新たな商品受取りサービスを開始。楽天市場約300店が参加する。アマゾンジャパンは、ローソンやファミリーマートのコンビニ約2万5000店、ヤマト運輸とも連携し多くの受取り拠点を全国に配備。ネット通販企業が拠点拡大に力を入れるのは自宅以外の場所で「いつでも受取れる」利便性を高めるためだ。

 

 

 

それ以外にもAmazon.co.jpは、日本郵便・ナスタと協力し配達効率や利用者の利便性の向上を目指した物流インフラ構築の取組みを始めた。第1弾として再配達削減を目的とした「大型ポスト」を開発し販売する。次世代ポストをAmazonとナスタが共同開発し不在時にも荷物を受取りやすい環境を提案。集合住宅用「D-ALL」販売する。日本郵便では「大型ポスト」の購入設置に関してなんと!!1個500円を日本郵便株式会社が補助すると発表。近い将来賃貸情報誌に「通販対応郵便箱設置」の1文が出てくる日も近いのではないでしょうか。インターネット環境整備でもたもたしている場合ではありません。   今後これらの環境に賃貸マンションに設置した宅配ボックスを経由した大型流通店舗による宅配サービスやハイブリット車用高速充電器利用が簡単になり分譲マンションには出来ないサービスが可能になる予感がします。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

利用者の体重でドアが開閉する自動ドア。電気代がかからずCO2も排出しません。電源が無くても設置できる他、漏電・感電の危険や電磁波発生もありません。電気式に比べメンテナンスやランニングコストも軽減出来、立止ってもドアに体がはさまれる事故は起きない構造、ドア開閉速度はゆっくりでスムーズで確実にドアが開く為、車椅子利用者や高齢者、子供でも安心な自動ドア。ドア前にある踏板が沈込んで扉が開閉。人の重さの力を採用してこの原理で踏板に立ち重さでシーソーの様にドア下のピンが上がりドア内部レールが滑りドアが開閉。メリットは①電気が不要  ②災害に強い③衛生的(触れずに開くので病院での院内感染防止)④電磁波が出ないので病院等最適!!こんな機能が重視される時代ですね(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

驚く外観と異色な家を発見!!
KUS設計「下馬の集合住宅」木造5階建(1階RC+木造4階)という触れ込みだし、
10年がかりというのも凄い。全面ガラス張り上階ファサード内側に木造の
細い部材が無数斜めに交錯し、家の中に森が有る様な不思議な表情。建物横腹を

外部共用階段がスパイラル状。各階1戸の住戸はプランもすべて異なる。
木の香と開口部側に米松の木斜格子が多数配した「踊る森」といった雰囲気で木造

の魅力を強調イイ感じな建物だ。構造は木造柱は耐火被覆の黒い柱に木斜格子は

水平力を負担するブレース。火災時に消失しても建物崩壊の為むき出しの「木」だ。
駒沢通沿いの敷地は準防火地域、5階建で1階は2時間、2階~5階は1時間耐火性能が

必要。1階はRC造とならざるを得ないが、上部は木造4階建なのだ。

施主の要望もあり木造での計画が10年前よりスタートしたが、当時は耐火木材などなく
苦節10年の素晴イエが完成されたようだが素晴らしなぁ!

諦めない事が大事デス(^^)v

http://synectics.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=20526228&i=201310/07/14/f0202414_7612100.jpg

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

 

中高層木造ビルが建築できる建材として欧米で普及が進む直交集成板(CLT)を、国内普及を進める為全国でCLT工法の強度実験が頻繁に行われている。欧州での普及状況に関して日本CLT協会によると、1995年にオーストリアで普及が始まり、現在では英国やイタリアで9階建集合住宅も建設される規模に市場は充実している。欧州では年間50万立方メートル以上CLTが製造されている。昨年までは、国内CLT建物は高知県で1棟が完成した程度でしたが、今年はRC造の独壇場だった中高層建築の木造化に期待が高まる。公共建築物木材利用促進法が2010年に施行された事も追風なり素材基準として農水省が13年に作成したCLTの日本農林規格(JAS)があるので、今後は工法関連の基準整備が課題となります。実験での基準作りで建物構造設計に用いる基準強度設定化を急ぎ、2020年東京五輪までにCLT建物普及構想もあり、条件整備を早急に進める事が重要になる。国内構造材用CLT製造工場は岡山県と鹿児島県の2カ所だけ。東北でも関心を持つ業者は多いとされるが、本格的な需要がなく取引価格が不透明な段階では設備投資リスクは大きい。「直交集成板(CLT)」「クロス・ラミネイティド・ティンバー」の略。ゆがみが少なく、縦・横いずれの方向にも一定の強度がある。厚みがあり断熱、遮音、耐火性が得られる。木材は再生産可能なため環境に優しい事利点だ。林野庁は、中高層の木造ビルを建築出来る木材パネル「CLT」生産体制の大幅補強を15年より実施。毎年50,000m3の生産能力を確保する方針が発表された。課題は材料単価の圧縮で現状150,000円/m3を60,000円/m3まで価格低下にさせないと普及は進まない。輸入品での検討も必要となります。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

最近、腰痛の為長距離運転を控え300km程度の近場ドライブしか出来ず少し苛々を我慢しておりますが、「空知エリア」を楽しんでおります。書家辻井京雲氏ギャラリー「墨響」道の駅・田園の里うりゅう到着!!日本を代表する書家辻井京雲氏のギャラリー「墨響」を見学する。ギャラリー町立常設展示室が有り定期的に作品の入替えが予定されている様です。
辻井京雲史氏は雨竜町出身。創玄展大賞、毎日展準大賞など数多くの賞を受賞。北海道教育大学教授、北海道書道展理事、 ロンドン大学客員講師などの要職を務められています。パリ開催の「現代日本の書 代表作家パリ展 SHO2」では出品作がポスターに採用。会場は無料で観覧する事が出来ます。入口ドアに描かれた赤文字は開放しの為がしっかり見ることが出来ず残念でしたが、新作・未発表作品約20点程が展示されております。入口付近の日高産木材に木彫で刻字された篆書の青文字「龍」と白文字「虎」は美しいデス。そして圧倒的存在感を感じた、正面奥壁に4mx3m大作「誰だ花園を荒らす者は(中村武羅夫詩)」墨の陰影と文字の厚み動きが見ていても楽しいデス。墨濃淡墨や筆の躍動感など迫力あふれる「墨の響き」是非一度鑑賞ください(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

幸正邸遂に完成デス!!
間取り変更などよりもシステムキッチン・ユニットバス・洗面台など備品仕様変更が
主な改修工事でした。床仕上げ材に関してはオーナー様の強い要望「ワックスフリーフローリング」に変更。いつでも宴会OKの和室も残したよ(^^♪
工事担当:海野修二

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

6月12日オーナ―検査確定♪♫•*¨*•.¸¸ 全社員集合デス(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

平成26年8月着工予定!!
工事名称 (仮称)本通1丁目北マンション
場所 札幌市白石区本通1丁目北14番3号
規模 RC造4階
Aタイプ2LDK-4戸(60.88㎡)
Bタイプ2LDK-3戸(64.24㎡)
給湯・暖房システム-天然ガス(エコジョーズ)温水暖房システム採用
オートロック・TVカラーモニターインターホン・自転車置場・BS・CS110・追炊き機能付UB・駐車場ロードヒーティング完備!!
設計担当:岸 照樹
http://miyakawa-kensetsu.co.jp/

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

システムキッチン、ユニットバス、便器、洗面化粧台設置施工中。
木製建具の交換工事完了!
直貼フローリングに仕様変更工事中デス(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

5月24日・25日 午前10~午後5時迄、是非この2日間にご覧いただきます様お願い申し上げます。
フェリオ64 2LDK-9戸、3LDK-5戸「入居募集1ヶ月で満室」となりました。

宮川建設は、豊富な管理実績と高い入居率でオーナー様の賃貸経営をお支え致します。
当社管理戸数1,645戸、当社管理物件入居率93.3%(平成26年5月現在)

 

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

ブログトップへ戻る次のページへ >