HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治スタッフブログ


2近頃、木材業界で注目を集めているCLT(クロス・ラミナ・ティンバー)林野庁も国交省も、日本導入に関して積極的である。集成材と分類される製品で、張り合わせる板(ラミナ)の繊維方向を90度ずつずらせることで、縦横に強いマテリアルを5層以上にした分厚いパネル。既に海外では大流行しCLTを採用した5階建~10階建の建物も竣工している。製品特徴である「材料を選ばない」「辺材心材、節あり、なんでもあり」で木材利用の歩留りも上がる。建築資材としてもコンクリートより軽いし加工は容易。今後新工法の確立化で普及速度はかなり上がると思われます。日本製はまだつくられていないが、予想価格の安さに驚く。1立米2000円!高くても3000円位。現在の木材流通単価の1/20以下だ)^o^(

ただし、構造材CLTを採用した建物は、外装・内装とも防火仕様にすると石膏ボードかクロスか新建材等、木肌は見えなくなり木材使用感は無くなるが、組立に関しては、クレーンなどで大工労務費は削減される。
10月末に国内初の建築物が、高知県で着工する。CLTを床・壁に採用した3階建集合住宅、延べ床面積267.39㎡、2014年2月完成予定に注目したい。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

高層マンションや大規模建築物はSRC造やRC造で建設する事が当然だと思われる方が多いと思いますが、法隆寺は1400年前に建立され、確かな構造と施工力があれば、木造でも大規模な建築は可能です。ストックホルムで行われた設計コンペで、34階建ての木造高層ビルが提案され、建築で使用する鉄筋やコンクリートは、二酸化炭素を大量に排出し地球上の二酸化炭素放出量の約3割は建築業界により発生するものだと推測されています。木材は二酸化炭素放出を減らし、従来採用されている鋼材やコンクリートに比べて軽量の為輸送時エネルギー効率も高くなり、新開発の技術で防火性や強度が飛躍的に進歩した結果、既にロンドンでは9階建木造高層マンション「マレイ・グローヴ」が完成し、今年スイス、チューリヒでは、世界初7階建木造ビル(タメディア社新本社ビル)が完成したばかりです。今後もオーストリアでは20階建高さ約70メートル木造“高層ビル”建設計画を発表とヨーロッパを中心に急速に木造化が進んでいます。

BPMMxSPCUAAXQIFf78fcdce2f371fa2

tamedia_2-36288320

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

北海道三大あんどん祭りの一つ、「八雲山車行列」7月6日朝刊の記事を見て見た事がないので、お昼過ぎに思いつきで発寒ジャスコから出発(^^)/ 途中豊浦で「特大変形いちご」を購入とても甘くて激安だったので大満足!!
長万部でお決まりの「カニ弁当」を食べて、渡島管内八雲町へ開始1時間前に到着。JR八雲駅付近で待つこと2時間、武者やアニメのキャラクターなどのあんどんを載せた32台の山車が初夏の夜を鮮やかに彩った。31回目の今年は、昨年より2台少ない山車が登場。最終日総勢千人近くの引き手やおはやしは、はつらつとした踊りや演奏を披露しながら約3キロのコースを練り歩いた。沿道の観客も美味しいそうに焼き鳥やビール飲んで、手を振るなどして楽しそうに観賞していました。近くの温泉で休憩後に深夜帰宅して翌日、焼尻島で自転車巡りを計画しておりましたが、体調がすぐれず途中で中止。何事も計画的行動しなければいけません(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

カメカメ2

わが家には10年程同居しているゼニカメ(クサガメ)居ります。犬や猫などに比べれば世話もそれほどかかりませんが、やっぱり生き物なので水替えと掃除・エサやりなどの最低限の必要になりますが、犬や猫と違い気軽に触れ合って遊んだりしませんが、やはり家族の一員なので、心の拠りどころになる場合もあります。毎朝水槽の水交換・清掃をしている間に居間・食堂・廊下を決まったコースを散歩させて、温水15℃にしてから水槽に戻すと、ぷかぷかリラックスして食事後、午前中は「甲羅干し」午後は花を見たり、狭い水槽で30分程水泳して、お昼寝、午後7時から夕食。市販の固形餌と乾燥エビを毎日食べる意外に「グルメ」です^^;

購入したのはホーマック屯田店で指の爪が2本無く、300円に減額してもらいましたが、電球ヒーター・ブラックシリカの石やら人間様は飲まないが、イオン飲料水やらランニングコストがかかるし、近所の有名動物病院でのビタミン注射もやたら高額で水交換をしないと手で「パシャパシャ」と催促してくるヤツだが仕方がない。たぶん自分より長生きするんだろう(笑)カメを気軽に考えて飼うと後で後悔することになるかもしれませんが、甲羅干ししてのんびりしている姿を見ると癒されます。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

Unknown-22

まさに木の摩天楼だ。オーストリア、ケルンテン州コイチャッハ・アム・ゼ市で建設中だ。 このエコロジーな展望台の最も興味深いのは、地域木材のみを使用している事。
らせん状に空に向かって伸び展望台に立てば、高さ約900mの同名のピラミーデンコーゲルという山を囲む緑豊かな渓谷を一望出来る。10階建て360度の息を呑むようなパノラマが見られる2つの展望台がある。特に素晴らしいのが、「Skybox」。高さ60mから一面を見わたせる。全てガラス張りの展望ルーム。階段とエレベーターで登るが、長さ50mの滑り台で降りることも出来る。主要構造は16本のラミネート木材柱を、10の楕円形リングと80の斜支柱で補強している。鉄骨は極力使用せず、500m3のラミネート木材・1,000m3の直交積層材で構成している。建設現場はまだ数週間前に着工したばかりだが、6月にはもう世界で最も高い木造摩天楼が完成する。

http://wired.jp/2013/03/30/pyramidenkogel/

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

l_sk_automee_01l_sk_automee_02

液晶画面を自動で拭き掃除!

お掃除ロボットといえば「ルンバ」ですが、値段が高くて手が出ない、せめてスマホくらいは自動で掃除させたい!という方向きに、ユニークな小型お掃除ロボットをご紹介!タカラトミーが発売したスマホ・タブレットお掃除ロボット「オートミーS」。大きさは直径7cm手の平に乗るサイズ(重さ82g)。底面に3つのタイヤとクリーニングペーパーを装備。自動で動き回り、液晶画面の指紋や皮脂の汚れを拭き取ってくれる。なんとスマホから落ちない!(落下防止機能付き)これを単なるオモチャとあなどれないところは、スマホなどのフチまで来るときちんと方向転換し、落下しない。落ちそうで落ちない、心憎い「落下防止機能」付き。さらに、「オートターン走行」で液晶画面全体をムラなく拭き掃除してくれるという、まさにルンバに劣らない充実機能。クリーニング時間はスマホで約4分、タブレットで約8分、「ジージー」と元気な音をたてながらひたむきに掃除をします。ルンバの様に自分で充電器に戻ることはないが十分な装備です。電源は単3形アルカリ乾電池1本。カラーバリエーションはオレンジ/ブルー/ピンク/ホワイト。価格は1,575円(税込)。3月28日発売予定。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

 

スマホからアプリを使って鍵の開閉を自由に選べます。誰かが家の鍵を開けたり、ノックしたりすると通知を送ってくれる機能もあり防犯性抜群。Bluetooth4.0でスマホと接続すれば、ドアに近づくだけで解錠されます。取付けは自分で出来る様になっており工事不要。上からカバーをかぶせるように着けるようです。価格は149ドル(約11,700円)にて、現在予約受付中!海外からの購入になりますが、興味のある方は自己責任でいかがですか?

 

121015_lockitron_03.jpg

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

pump私達生活に不可欠な化石燃料は有限資源で、排熱時にCO2等の温室効果ガスを発生させ地球の温度を上昇させている。温度上昇は、海面上昇と、さまざまな問題を引き起こし、最近では「100年一度の異常気象」は数年ごと起きている様に思えます。地球の深刻な危機に京都議定書では、2010年迄1990年時を基準に、CO2排出量6%削減が義務付けらました。石油に代わるCO2が出ないエネルギーとして注目される「地中熱」が次世代エネルギーです。地中温度は、年間一定の温度を保ち、夏は太陽熱を地中に逃がし、蓄えた地中の熱を冬に利用する自然エネルギー。夏は涼しく冬は暖かい冷暖房・給湯・融雪、身近でクリーンな「地中熱」活用する事が、北海道に最も適したエコ。

1.灯油ボイラーと比べCO2排出量は50%減!室外機の騒音も心配することがありません。
2.ボイラーメンテナンスは、最低10年に一度必要ですが、煩わしいメンテナンスも不要。
3.ランニングコストは、灯油ボイラーと比べても、60%減!しかも火を使わないので、安心・安全なシステムです。
大地の恵み「地中熱」で、冬の暮らしを優しく暖めるこの再生可能エネルギーを地中熱ヒートポンプ(1の電力で、3の地中の熱をくみ上げ、4の熱をつくる)太陽光発電に比べ、普及速度は遅いが、確実に実行したいです。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

冬至と南瓜

2012/12/21


PC200876

冬至にはかぼちゃやこんにゃくを食べて柚子湯に入る習慣があります。
冬至にかぼちゃを食べるのには、中風(脳卒中)や風邪を引かないとか金運を祈願する意味がある様です。冬至かぼちゃは朝のうちに食べるとよいとか、四つ前(午前10時)に食べるとよいという地域もあります。「冬至にかぼちゃ」は現代的に解釈すると、緑黄色野菜の少ない冬にカロチンやビタミンの多く含まれるかぼちゃを食べ、風邪等への抵抗力をつけようとした先人の知恵だと言えます。南瓜には、体内でビタミンに変化するカロチンがたっぷり含まれ。ビタミンAは、肌をツヤツヤにし動脈硬化の予防になるだけでなく、皮膚や粘膜、視力、骨や歯にも効果大です。
かぼちゃを食べて風邪知らず!
昔の日本では冬至のころになると秋野菜の収穫も終わり、食べられる野菜もなくなり、元気に冬を越せる様に願いを込め栄養もあって保存もきく南瓜は特別大切にして食べていたようですね。なぜ金運がよくなるかはあまり記載が無くわかりませんが、南瓜は「南京」とも言いますが「なんきん」が「なり金」に通じるからかもしれません。(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

51yknkouMyL__SL500_AA300_アイツの言ってる意味、教えてくれ! -「そうだったのか!」が止まらない—

「先週ローンチしたサイトの調子はどう?」

「このガジェットのユーザビリティ、イマイチですね」
「例の件、鈴木さんマターでアーカイブもとにサマリー作っといてね」・・・

思わず「日本語で言え!」と言いたくなるカタカナ語を誰でもわかる日本語にしてみました。いい加減、テキトーなカタカナ語をなんとかしないか!
世の中には、2種類の人間がいます。「我々には、コンシューマーにソリューションを提供するためのスキームが必要だ!」の様な言い回しに抵抗のない人。そして、こういう言い回しを見聞きするたびに「イラッ」としてしょうがない人です。私も後者人間ですが、気持ちをスカッとさせるため最近よく見かける本の紹介「知らないではすまないカタカナ語(PART1)」「ビジネスで、イヤでも出てくるカタカナ語(PART2)」、「ネットでよく見るカタカナ語(PART3)」「知的な香りがするカタカナ語(PART4)」など、もとはどこの国の言葉か? 語源や由来は? ネイティブの人たちはその言葉にどういうイメージを持っている? など、カタカナ語の解説だけにとどまりません。おもしろ特集も多数収録。

デバイス[device 英]パソコンの周りにある機械(150ページ)

クラスタ[cluster 英]同じような人の集まり(158ページ)

ギーク[geek 英]      特定の分野だけに特殊能力を発揮する変人(162ページ)

ノマド[nomad 英]   会社ではなく喫茶店で資料を作るような働き方(164ページ)

オプトイン/オプトアウト[opt-in/opt-out 英]オプトイン:やっていいですか?/オプトアウト:やだっていわなかったじゃん!(166ページ)

エンゲージメント [engagement 英]対等で、同士のような関係。互いのニーズが満たされる幸福な関係(174ページ)

アーキテクチャ[architecture 英]どういうつもりで作ったか/なんのつもりで集まってるのか(176ページ)

シームレス[seamless 英]なんでもこい!(178ページ)

モジュール(化)[module 英]コマ切れにすること(182ページ)

マネタイズ[monetize 英]まだ儲けが出ていないサービスで儲けようとすること(184ページ)

コンバージョン[conversion 英]サイトの訪問者がお金などの利益を落としていくこと(186ページ)

ライフハック[life hack 英]暮らしに役立つ豆知識(190ページ)

デジタルデバイド[digital divide 英]ネットを駆使できる人とそうでない人の間に生じる格差(193ページ)

リテラシー[literacy 英](ある分野の情報を)正しく受け取る能力(196ページ)

バイアス[bias 英]意見や考えを歪めるモノ(198ページ)

イデオロギー[ideologie 独]よくいえばポリシー。悪くいえば偏見(200ページ)

レジーム[regime 仏]古くさい考え方や制度(202ページ)

コンテクスト[context 英]それまでの話の流れ。空気(読め)(206ページ)

ヘゲモニー[Hegemonie 独]向かうところ敵なし。無敵(212ページ)

メタ[meta 英]一段上からの、あるいは、一歩外からの(224ページ)

リビドー[libido 羅]ヤリタイ気持ち(227ページ)

ソーシャル[social 英]ネットのみんなで/ネットのみんなの/ネットのみんなと(お付き合い)(230ページ)

コンテンツ[contents 英]そのものにとって一番大切なモノ。内容(234ページ)

エッジ[edge 英]アクが強くて、とがってる、カッコイイ(?)(236ページ)

アイコン[icon 英]それを端的に表すもの。象徴(240ページ)

グローバル化[globalization 英]お客様は全人類! あるいは、世界征服(242ページ

なるほど!と思わず笑ってしまいます。本編では詳細な説明文と「語源、由来」「関連語」「使用例」が書かれているので、是非読んでみてください。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

< 前のページへブログトップへ戻る次のページへ >