HOME > スタッフBlog > 丸山 忠スタッフブログ


今月22日の朝に発生した全日空・搭乗手続きシステムの不具合により、全国の多くの便が欠航となり、7万人強に影響がでたとのこと。
全日空のホストコンピュータは4台が同時運用で、その内3台が止まっても1台さえ無事ならば運用には支障がない設計だったらしいのです。
その4台全てが止まってしまったとのこと。
2台が同時に止まることですら、とても確立が低く、考えられないことなのに・・
「人の振り見て我が振り直せ」ではないですが、自社のシステムも再度チェックしてみる必要がありそうです。
サーバー、ホストコンピュータ類のバックアップ状況や、ネットワーク・ディスクのミラーリング、レプリケーション、フルバックアップ等々。
システム運用が止まったり、データへのアクセスができなくなってしまうと、仕事になりませんものね。

 

コンピュータ

コメントはまだありません | 丸山 忠

backhoe-87983_960_720gi01a201502050600

 

今まであまり降らなかった雪が、先週末あたりから帳尻を合わせるかのように降り始めています。
雪が少ないまま春まで行けるとは思いませんでしたが、いざ降り始めると、やはり来てしまったか、と思ってしまします。
朝起きたときのとても硬い、除雪車が作った玄関前や車庫前の雪山を見ると、雪かきする気が一瞬失せてしまいます。
寝起き直後の朝方は血液中の水分が足りなくなって血液がドロドロとし、急な運動は脳梗塞や腰を痛める原因になるそうです。
なので私も朝の除雪前は、いつもより水分を多くとるようにしています。
これから一か月ちょっと、雪かきでの早起きで寝不足ぎみになることも多くなると思いますが、健康に注意して頑張りましょう。

コメントはまだありません | 丸山 忠

救急出動数がこの20年間で2倍以上に膨らんでいるとのこと。
単なる酒酔いや切り傷程度の救急性の低いケースでの出動要請も少なくないというのですから、当然の結果かもしれません。
そのため、本当に救急車が必要としている人の適切な救急処置が遅れて、救える命も救えなくなる心配がでてきたそうです。
悲しいことですね。
自力でなんとかできることは人に頼ってはいけません。
特に酔っぱらいは、たとえ七転八倒してでも、自分でなんとかしましょうね。

l_05

コメントはまだありません | 丸山 忠

篠路のお祭り

2015/8/31


CIMG5015  CIMG5014

CIMG5009  CIMG5013

 

9月7日から8日にかけては、篠路神社大例祭です。
普段は、静謐で厳かなこの神社も、この日は活気で満ち溢れます。
胴幕の中に10名もの人が入り、長さも6メートルに達する、篠路烈々布獅子舞。
担ぎ手と、それを取り囲むお囃子隊の総勢100名ほどの勇ましい掛け声が木霊する、御神輿。
幼少期の懐かしさがほのかに甦る、ずらりと並ぶ数々の屋台。
皆さまのお近くにも、こういった例祭があることでしょう。
ぜひ地域のお祭りを楽しみましょう。

コメントはまだありません | 丸山 忠

自転車に

2015/6/29


bicycle2

徒歩通勤の歩道で、私の至近距離を猛スペードで駆け抜けていく自転車に遭遇するときがあります。
朝のJR白石駅近辺。よほど時間がないのか、歩行者など目に入らない様子で一心不乱にペダルを漕いでいます。
あんなものにぶつかられたら、ただでは済みません。冷や汗が出ます。
歩いているときは車同様、自転車にも気をつけなければなりませんね。

コメントはまだありません | 丸山 忠

CIMG5332CIMG5333CIMG5334

今年も我が家に隣接する篠路神社の植栽場で、ツツジの花が咲きました。
うちのリビングからちょうど見易い所に植えられているため、毎年借景させてもらっています。
鮮やかな色合いで咲き誇る花を眺めていると、何かほっとして、心が癒されるようです。

コメントはまだありません | 丸山 忠

05910601

年々オホーツク海に到着する流氷は減少の一途をたどっています。地球温暖化の影響によりアムール川が作る氷の厚さも薄くなってきており、北海道に到達しても氷が僅かであったり、期間が短かったり、少なからず温暖化の影響が垣間見えます。
  野生動物の観察は流氷ツアーの中でも人気メニューになっていますが、流氷が作り出す生態系が崩れてしまえば野生動物たちの中には絶滅ししまうものが出てくる可能性があります。
このような状況の中、私たち一人一人にできる地球温暖化防止の対策はどのようなものがあるのでしょうか。
色々調べてみると下記の3つの方法があるようです。

 

1.節電を心掛け、二酸化炭素の排出量を減らす。
2.移動手段を工夫して、排気ガスを抑える。
3.家庭ゴミを減らし、二酸化炭素の排出量を減らす。

 

私も、日常生活の中でほんの少しでも、実践していきたいと思います。

コメントはまだありません | 丸山 忠

taifuu2jyumoku2

最近は爆弾低気圧なる物騒な台風まがいのものが頻発しています。
海面温度の上昇し大気との温度差が強く影響しているとのこと。
今から12年前の2004年・台風18号では札幌の並木が4千本近くなぎ倒され、何人もの死者がでました。
ポプラなどの北海道の樹木は根を深く張らず、強風に対しての抵抗力が弱いそうです。
最近の低気圧はとても勢力が強く、そんな過去の台風に近いものがあるようで、ちょっとした恐怖を感じます。
本州に比べ今まで台風のような強風が少なかった北海道では、これからは特に注意が必要なのでしょう。
とりあえず私も身の回りで、できる範疇での災害対策を考えていこうと思います。

コメントはまだありません | 丸山 忠

3174455

最近は、自転車の歩行者に対する事故が増えてきているようです。
自転車はスピードが出る分、歩行者にとってはかなり危険な乗り物なのは確かだと思います。
数日前も私の前を歩いていた老夫婦が、2台で並走してきた学生の自転車にベルを鳴らされて、蹴散らされるように歩道わきへ追いやられていました。
歩道は歩行者優先なのです。
何よりも、お年寄りや子供などの弱者はもっと労わらなければなりません。
ちなみに、自転車には以下のような法規があるようです。
ルールは守りましょうね。

(ベルの使用の制限)
道路標識に従ってベルを鳴らす場合と、危険を防止するためにやむを得ずベルを鳴らす場合以外には、ベルを鳴らしてはならない。例えば、前方の自転車や歩行者に進路を譲らせるためにベルを鳴らせば、警音器使用制限違反に該当することとなる。

(並進)
学生が自転車で並走しながら下校している光景はどこでも見かけるが、「並走可能」の指定がある道路以外では2台以上横並びで走行することはできない(道路交通法19条)。
また、たとえ並走可能な道路であっても、3台以上で並走することは許されない。
違反者は 2万円以下の罰金または科料に処される(道路交通法121条1項5号)。

コメントはまだありません | 丸山 忠

水害に供えて

2014/8/24


20140820-120140820-2

全国で豪雨による災害が続いています。
地球温暖化による、偏西風の異常、豪雨、干ばつ等の災害が今後も心配されます。
今から33年前の札幌の洪水のときは、80年ぶりの豪雨とのことでした。
ですが、その当時に80年ぶりと思っていたのなら、今後は確実にもっと早く、そのような洪水に見舞われることでしょう。全国で起こっている洪水は、札幌でも対岸の火事ではありません。
普段から、いざという時のために、避難ルート、避難先、携帯がつながらない場合の連絡方法などを、家族でよく話し合っておく必用があるのでしょう。

コメントはまだありません | 丸山 忠

ブログトップへ戻る次のページへ >