HOME > スタッフBlog > 丸山 忠スタッフブログ


電車マイク

その日の朝は、未明からの強い雪がまだ降り続いていた。
通勤電車の遅れが気になり、いつものように自宅でJR北海道のホームページを確認する。
大きく「現在、運行の遅れは有りません」という表示が目に入り、ほっと胸をなでおろす。
年が明けてから、雪と寒さの影響で頻繁に遅れをみせていたJRだが、今日は大丈夫そうである。
いつもと同じ時間に家を出る。交通機関に遅れが出なければ会社へは始業40分前ごろに着くはずだ。
だが、学園都市線の最寄駅が近づいてくるにしたがって、若干の不安に襲われる。
遠目だが、普段は閑散としているはずの駅舎に黒い人だかりができているのだ。
慌てて駅舎へ入り電光掲示板を覗くと案の定、JRが三十数分遅れている。
さっき自宅で見たホームページは、いったい何だったのだろう。
改札もしていないので、駅舎でしばらく待っていると、遅れていた電車が到着するがひどく混んでいる、とのアナウンスが響く。後続の電車も来ているので、急がない人は空いているそちらの電車に乗ってほしい、とも訴えている。
だか、こんなに遅れてしまっているので、皆1分でも早い電車に乗りたがる。
私も、札幌駅で別の線に乗り継がなければならなく、その線も遅れがでているかも知れず、とても後続の電車に乗る気にはなれない。せめて、桑園や札幌での乗り継ぎ電車の運行状況を知らせてくれたら良いのだが、JR北海道にはそんなサービス心はないようだ。
アナウンスの通り、モーレツに混んだ電車に揺られて札幌駅へ向かう。
終点直前の車内アナウンスで乗り継ぎの函館線や千歳線も三十分以上遅れていることを知らされる。
何故、終点直前の今頃まで連絡できないのだろう。
乗り込むときに、後続の電車に乗れなどという口車に乗らなくて助かった。
その上、乗り継ぎ電車については駅ホームの電光掲示板を参照してほしい、などと車掌が平気でのたまう。
言われなくても皆そうするに決まっている。
どの、電車に乗り継げるか、どの電車が発車時間を過ぎても乗り継ぎ待ちで待機しているのか、今はそういった情報を流すべきだろう。こんなに情報機器が発達した時代に、車掌が「乗り継ぎ電車の状況は駅のホームで確認しろ」などという何の意味もない「情報?」を流すとは・・
辛辣な物言いをさせてもらえば、車掌って本当に必要なのだろうか。社交辞令的なことしか伝えられないのであれば、テープを流してもらった方がまだイラつかないのだが。
通常の3便分ほどの乗客を詰め込んだ殺人的混み具合の電車もようやく終点の札幌駅に着く。
8時20分の時刻のもかかわらず、8時5分発函館線の乗り継ぎ電車がまだホームにも到着していない。
ホームでアナウンスを待つが、一向に説明がない。
しびれを切らせて、札幌駅構内の地下・待合所にある案内モニターを見に行く。
そこでは、とっくに過ぎている時間に電車がホームへ入線する予定だと、何の恥じらいもなく掲示している。
あまつさえ、まだ電車が着いていない空のホームに対して、停車中の車両にお乗りください、などと臆面もなく表示している。
どうやら、どんなに遅れていようが、このモニターでは発車5分前を入線予定時刻として表示しているようだ。
なまじ入線予定時刻などとフィールド・タイトルを表示しているので、なんの意味もない固定値を表示していると気づかない乗客は、誤った情報に踊らされてしまう。
ダイヤが混乱している時に見たいもの(乱れがないときは、まず見る必要はない)なのに、この案内モニターはなんと役立たずなのだろう。これなら、高価なモニターの代わりに紙の時刻表を張り付けてもらっていたほうが、勘違いしないで済む分、まだましである。
そうこうしているうちに、8時15分発・函館線が、これも定時からはかなり遅れたのだが、8時5分発よりも先に別のホームへ入ってきた。慌てて、そちらのホームへ走り、なんとか間に合う。
後続の便の方が早く乗れるのであれば、事前にアナウンスして、乗客をうまく誘導すべきであろう。
札幌駅構内のマイクとスピーカーは飾りなのか? 疑いたくなる。
どうでも良い、社交辞令的な情報はいらないから、乗客が本当にほしい情報はいったい何なのかを理解する努力をしてもらいたい。JRは地下鉄と比べ天候に運行が左右されることは、重々分かっているつもりである。
ただ、そういう時に的確な情報を提供してもらえれば、乗客も予定が立つので「納得」する。
利用客へ要望へ目を向け、本当の意味の情報サービスができるようになれば、JR北海道のファンになる人が益々増え、未来は明るいと思う。

コメントはまだありません | 丸山 忠

bag001f5867

いつもと同じ通勤電車の中。
車窓の向こう側では、昨夜から降りしきっていた雪も止み、遠く望む手稲山の稜線が弱々しい冬の陽射しを受けて白く輝いている。
気を許すと吸い込まれてしまいそうな透き通った空の藍さが、今朝の寒さを一層際立たせている。
山紫水明が目に優しく、愛でるものの心を和ませる。
なんと清々しい朝なのだろう・・
今日の電車は、休み明けの朝ということもあってか、いつもより込み気味でつり革にぶら下がる人も目立つ。
乗車してから何駅か過ぎた頃か、突然背中に大きな衝撃を受ける。かなりの痛さである。
驚いて振り向いてみると、リュックサックを担いだ女子高生が二人、私の後ろを通り抜けようとしている。
二人とも、誠に大きなリュックである。
おまけに小さな縫い包みほどもありそうな巨大なホルダーまでぶら下がっている。(本当は縫い包みだったのかもしれない)
なにか蟹が餌を引きずりながら歩いているような滑稽さである。
「こんなに混んだ電車で、リュックを担いだままで、通り抜けられわけがないだろう」
そんな周りの思いにはお構いなしに、女子高生たちは巨大なリュックを乗客たちに激突させながら奥へ奥へと突き進んでいく。
あまつさえ、ついでと言わんばかりに、しなった吊り紐で加速のついた巨大ホルダーまでもぶつけていく。

痛さで乗客の顔がゆがむ。
お前たち、そうまでしていったい何処まで行こういうのだね。思わず、心の中でつぶやく。
「~子ちゃん、今日は混んでて進みづらいね」「うん、リュックに人が当たってきて、勘弁してほしいよ」
しれっと、言う。
自分の耳を疑いたくなる。何かの幻聴なのだろうか?
勘弁してほしいのは、明らかに「周り」である。
軽いめまいと嘔吐感に襲われながら周囲を見渡すと、他の乗客も皆、この傍若無人な物言いに度肝を抜かれ震撼している。
行雲流水、明鏡止水。何でも良いから心が落ち着きそうな言葉を呟いてみる。
お前たちのリュックには、いったい何が入っているのか。(たぶん教科書とか水筒)
そのでかくて重い凶器で、何人の罪なき人が痛さで顔を引きつらせたことか。
学校では、そんな教科書ではなく、もっと別のことを学んでほしい・・
こうして、天然なのか自己中なのか判別不能の女子高生を乗せた電車は、静かに終着駅のホームへと滑り込んでいった。

コメントはまだありません | 丸山 忠

電車で化粧

2012/11/15


019972m

いつもと同じ通勤電車の中。
車窓の向こう側では、夏の暑さを忘れられずに雪になり損ねた一頻りの雨も上がり、濡れた秋桜の緑が晩秋の陽射しを受けて淡く煌めいている。
乗車してすぐに車内の違和感に気づく。
車輌のほぼ中央で座席に腰かけている若い女性が、円盤状の物体(ファンデーションとか言うらしい)を頻りに覗き込んでいる。
独禁法で公取に捕まりそうな勢いで皆の注目を独り占めしているのだ。
化粧に熱中している彼女は、皆の視線など一向に介していないようである。
鼻の下を伸ばしたり、マスカラを塗るときは目を剥いたり、さかんにヘン顔(私にはどうしてもそのように見えた)をして、特殊メイクのような造作作業に余念がない。
決して届くことのない夢と、抗いきれない悲しい現実のはざ間で苦しんでいるようである。
私もなるべく視線を逸らしていたのだが、その面白さ、空前絶後、他の追随を許すものではない。
吹き出さないように必死に堪える。
こんな静かな所で笑ってはいけないと思うと、逆に耐え難いくらいおかしくなる。
飼っていた犬が死んだことを思いだして笑いを噛み殺す。
ふと周りに目をやると、近くに座っているサラリーマンも笑いを堪えて震えている。
貴様、罪もない通勤おじさん達を笑い殺す気なのか! えっ、そうなのか。そうなんだな。
あえてもう一度言っておこう。この惨劇は通勤電車の中での、ごく普通のOLが巻き起こした事件なのである。
こうして、永遠とも思えた阿鼻叫喚地獄のような時が過ぎ、通勤電車は静かに終着駅のホームへと滑り込んでいった。
化粧は自宅で済ませようね。

コメントはまだありません | 丸山 忠

 

stock-illustration-21234294-yelling-man

いつもと同じ通勤電車の中。
車窓の中では秋の柔らかい日差しを受け、夏を精一杯生きた緑たちが、艶やかに色めき始めている。うららかな小春日和の朝。
だが、乗り込んでから一駅ほど過ぎたころ、社内の空気が一変してしまう。
座席に座っている50代ぐいらいのオジサンが、大きな声で自分の前につり革立ちしている青年を叱責し始めたのだ。
「罪を犯したら警察が黙っていないのだ~」
「俺の言っていることが本当に分かっているのか、このやろうー」
驚くほど大きな声で怒鳴っている。
だがよく見ると青年をにらんでいたはずの、そのオジサンの視線が少し外れている。
怒られていると思ったその青年も、視線を合わせないように斜め45度上を痛々しいほどに凝視している。
そう、それはあぶないオジサンだった。
「正義は必ず勝つのだ。分かってるのか~、この馬鹿野郎~」
腹に響くような怒声が電車の中を木霊する。
なんという大きな声だろう。若いとき応援団にでも入っていたのか?
至近距離でやられたので、私も動悸が激しくなる。
どこを見つめているのだろう。視線は何も無いはずの空中の一点で結ばれている。
オジサンのうるささとは反比例して、電車の乗客は恐怖で震撼し、完全に固まっている。
時が青く染まっていく・・
「このオジサン、凶器とか持っていないよな」
「あ、危なすぎるぞ、おい・・」
皆の心の声が聞こえてくる。
助かったことに、ずっと叫び続けていたオジサンは、終点を待たずに途中下車していった。
降りるときに、「すみませーん、ちょっと通してくださいね~」
目つきも話し方も全く普通の紳士に戻っている。
あんなふうに一般生活を送っているものなのか・・
一瞬での「普通」への変貌が、逆に言いようのない恐怖を湧き上がらせる。
電車は何もなかったかのような顔で、いつもの終点へ向かって走っていった。

コメントはまだありません | 丸山 忠

篠路のお祭り

2012/9/12


先週末の9月7日から8日にかけて篠路のお祭り(札幌篠路神社大例祭)がありました。

CIMG5010        CIMG5012

 

 

獅子舞
明治34年、富山県福光(ふくみつ)町神成から引き継がれた篠路烈々布獅子舞。
胴幕の中には10名が入り、長さも10メートルに達する、とても大きな獅子は見ものです。

CIMG5016            CIMG5015

 

 

篠路神社
安政4年(1857年)、箱舘奉行により篠路八幡社として社殿を造営、村の氏神としたそうです。
なんと、明治3年に建てられた北海道神宮よりも13年も前のことでした。
原野だった当時の篠路には、きっとヒグマが、わらわらといたことでしょう。

CIMG5013

 

 

 

御神輿(おみこし)
神輿の担ぎ手と、それを取り囲むお囃子隊の総勢100名ほどの勇ましい掛け声が街に木霊します。

CIMG5009

コメントはまだありません | 丸山 忠

k3446136

朝の通勤電車。
心地よい夏の陽射しが、車窓の中で流れる街並みに優しく降り注いでいる。
いつもの通り、私の駅からでは混んでいてとても座れない。
違うと言えば、私の斜め前に座って居眠りしている若いOL。
袖口をフリルで飾った、おしゃれな装い、顔もとても美人である。
だが、そんな容姿とはうらはらに、目の前の白髪の老人を差し置いて当たり前のように優先席を占拠している。
興ざめである。
最初はうつむきかげんに座っていたのだが、何駅かを過ぎるうちに後頭部を後ろの窓によし掛け、ついには口を開けはじめてしまった。
否でも応でも見たくもない喉の奥が見えてしまう。頼むから、やめてほしい。
涎を垂らしていないのが、せめてもの救いであるが、あの大阪の、ザ・おばちゃん達もビックリの見っともなさなのである。
お前は、化粧やオシャレの前に、もっと他にやることがあるだろう!
思わず心の中で叫んでしまう。
人の振り見て我が振り直せ。
うちの娘にも気をつけるように言っておこう。

コメントはまだありません | 丸山 忠

nichihamu1nichihamu2nichihamu3

2004年から北海道の球団になった北海道日本ハムファイターズ。
そのころは、こてこての巨人ファンだった私。
ところが不思議なもので、いつのまにか軸足が地元の球団に移って、2009年・日本ハムVS巨人の日本シリーズあたりでは、完全に日本ハムを応援していました。
今年もなかなか善戦していて、現在はパリーグ2位の順位です。
交流戦開けは怪我人も多いことから、3勝8敗1引き分けと苦戦を強いられていますが、きっと立て直してくれるでしょう。
今年もリーグ制覇を目指して、がんばってください。
北海道日本ハムファイターズ、いつも感動をありがとう。

コメントはまだありません | 丸山 忠

CIMG4981

私が通勤に利用いる学園都市線(旧称・札沼線)が6月1日から電化となりました。
電化の区間は札幌~北海道医療大学間の約30㎞。
思い起こせば、国鉄時代の昭和62年までは、この路線はとても通勤・通学に使えるほどの便数がなく、日中のひどいときは2時間近くも待たされたものです。
国鉄の使命として、新十津川までの長い区間を平等に運行させなくてはならなかったのでしょう。
乗降客が多いという理由で、一部の区間だけの便数を増やすことはできなかったようです。
札幌の沿線住民にとって当時の札沼線は、ろくに使えもしないくせに線路で街を分断する厄介者扱いだったのです。(個人的な主観より)
国鉄時代のそんな「役立たず」が、民営化をきっかけに、区間限定での大幅増便、複線化、高架化、多くの駅の新設等を経て、ついに電化となりました。
変われば変わるものです。
今朝は、いつもより静かにホームへ滑り込んできた列車のパンタグラフに、若干の違和感を覚えながら「電車」に乗り込みました。

コメントはまだありません | 丸山 忠

みんなで節電

2012/4/27


image303プリント節電イ~1

昨年の震災での原子力発電所事故の影響で、日本の原子力発電所のほとんどが稼働していません。
福島での原発事故を目の当たりにして、放射能の恐ろしさを痛感させられたからでしょう。
現在の供給電力のほとんどは、火力発電によって賄われているようで、今度は地球温暖化の原因とされている温室効果ガスの一つ「二酸化炭素」の発生が増加するという状況になっています。
まさに前門の虎、後門の狼ですね。
どうやら、このままの状況の電力消費は、どのような電力供給をしてもどこかに歪みが出てしまいそうです。
一番の問題は、今が当たり前だと思っていいる私たちの心の中にあるのかもしれません。
やはり社会全体で、消費電力を下げていくのが望ましいのでしょう。
自分の回りをもう一度見まわして、どんな些細なところからでも節電に努めなくてはなりませんね。

コメントはまだありません | 丸山 忠

春まだ浅く

2012/3/28


CIMG4969CIMG4968

今年の北海道の積雪は、例年よりかなり多くなっています。
札幌だけを見ると、ほぼ例年通りのようなのですが、降雪時期が偏っていたいため、雪解けはまだまだのようです。
我が家の前の道も写真の通り、雪山ができています。(札幌市北区篠路)
せっせと裏庭に雪を運んでも、家の前はこんなに大きな雪の山。
横穴を掘ればすぐにでも、大きな”かまくら”ができてしまいます(笑)。
来年は融雪層でも考えた方が良さそうですね。

コメントはまだありません | 丸山 忠

< 前のページへブログトップへ戻る次のページへ >