HOME > スタッフBlog > 高橋 実スタッフブログ


政府は、これまで憲法の規定により日本が武力攻撃を受けない限り、自衛隊の武力行使はできないと説明してきました。ところが現在の安全保障関連法案では、政府の判断によっては武力行使が認められることになります。

少なくとも海外で武力行使しないという一線を、日本は保ち続けてきました。それこそが70年前の戦争の反省であり、そこから生まれた平和憲法を生かし、非軍事分野で国際貢献に努めてきたことを忘れてはいけないと思います。

しかし武器三原則などが国会で議論されずに政府の閣議決定だけで変更されました。

今回も、安保法案が参議院で強行採決しようと、安部首相の思うままに、自公が国民の意見を無視して粛々と進められています。

以前高村正彦副総裁が「憲法の番人は最高裁であり憲法学者でない」と強調したことが強く思い起こします。この度「憲法の番人」である最高裁の元長官山口繁氏が、違憲と明言しています。副総裁はどのような反論をするのでしょうか。

いずれにせよ、何が起ころうと、だれが何を言おうと聞く耳を持たないのが今の安部政権与党です。事あるごとに丁寧に国民に説明しなければならないと、聞こえの良い答弁をするだけです。

全国各地で、有識者が先頭に立ち安保法案反対運動が拡大しています。私も廃案になることを期待しています。

本当は、年内にでも選挙が有ると良いのですが残念です。彼らが一番恐れているのは『票』=支持率です。政権の高い支持率の中でこうした政策が行われることは、ある意味で私たち国民が認めている事になります。恐ろしいことです。

故に選挙がとても重要であることが明確です。

まだ間に合いますので、お互い様認識を改めて政治に深く関心を持ち厳しく監視させて頂きたいものです。

コメントはまだありません | 高橋 実

集団的自衛権の行使とは、「戦争行為」と思います。憲法上やってはいけない事なのだから、絶対にできないよう、明確に定めた永久条文をつくる必要性のほうが急務と思います。島国の日本は、国防の難しい地理的環境に有り、沿岸部には原発が多く建設されています。テロリストには、国連的な秩序は適用しません。政府は集団的自衛権で抑止しようと考えていますが不可能と思います。国防の出来ない国がどうすればいいのかは、「敵をつくらない」事だと発言している方もおられます、その通りだと思います。

衆院憲法審査会で安全保障関連法案を、3党会派が選出した憲法権威の学者が3人そろって『憲法違反』と指摘したことに自公の政治家が、見苦しい発言で猛反発しています。聞いていますと、今の政権は数の力で何でも有りでねじ伏せるいわば独裁政治に思えます。

少なからず宗教者の集まりであり平和を掲げる創価学会の支援母体公明党も賛同している事を創価学会が反応を示さないことに宗教団体であることが理解できません。

又、自民党の党員全員が賛同していることも理解に苦しみます。今迄の自民党は何でもものを申せる懐の大きい会派でしたが、党首の顔色伺いながらの政治屋集団にしかすぎません。やはり数の「おごり」から発しており、政治家の質の低下、堕落としか言いようがありません。非常に残念でなりません。

故に、我々国民が政治に関心を高め、政治家を監視していかなければ、憲法無視の政治がまかりとおるようになります。これからでも遅くありませんので注視していきたいと思います。付け加えますが、ちなみに私は自民党の応援団員です。

コメントはまだありません | 高橋 実

昨今は、政治、経済、あらゆる面で大変な社会情勢です。「大変」は「大きく変わる」と読みます。

また「自分が大きく変われるとき」でもあります。

「窮すれば通ず」といいます。行き詰まって困りきると、かえって活路が見いだせるという意味でしょうか。

この言葉はもともと、「窮すれば変ず。変ずれば通ず」という言葉であったそうです。

目の前に今の力では解決できない大きな問題を置かれたとします。

私たちはその苦しく辛い、悲しい、重たい、不愉快な現実を何とか変えようと努力します。

でも簡単には解決しません。「窮すれば変ず」とは、この時の解決方法を教えられたものです。

考え方や方法、価値観などを変えて新しいやり方を考える。そのためにまず頑固な自分を変えるということです。

現実をどう変えるかではなく、自分はどう変わるかが問われているのです。

と書かれてありました。何故か抵抗もなく心に響きましたので紹介します。

問題が起きた時はやはり全て自分と受け取ることなのですね、問題原因を相手のせいにするのでは無く、

又相手を変えるのでは無く自分が変わることが、問題解決の近道と理解させて頂きました。

私もしっかりと肝に銘じ仕事に従事してまいりたいと思います。

コメントはまだありません | 高橋 実

ダメだったからといって、投げだしたり、逃げだしたりすると、やましさだけがモヤモヤと膨れるばかり。

これは本当の「あきらめる」ではありません。

「あきらめる」とは、目の前の現実を、明らかにして素直にすべてを受け入れる事なのです。

 

高校野球で数々のドラマが生まれのは、灼熱のグランドで球児たちが決してあきらめないからです。

テレビドラマ『半沢直樹』や『ルーズヴェルト・ゲーム』が面白いのは、主人公が決してあきらめないからです。

あきらめないから、観る人たちまでもを感動させるのです。

『ルーズヴェルト・ゲーム』は、このようなナレーションではじまります。

「これは倒産寸前にまで追い詰められた会社のなかで、必死にもがき奮闘し、最後のさいごまで、

ボールを追い続けた男たちの逆転につぐ物語である」

 

あきらめるな!

人世というドラマの主人公は、自分です!

 

最近、何事にもすぐあきらめてしまう事が常態化して来ている様な気がします。

時には、あきらめる事も大事です。が、粘り強く生きる事の方がもっと大事と思いました。

本を読んで心に少し響いたので紹介します。

コメントはまだありません | 高橋 実

『ホントのことを言っちゃダメ ♪』

人の脳は、インプットしたものしかアウトプットできないと言います。

思ったことは思ったまま、見たことは見たままにしか表現できないわけです。しかし、これでは人を喜ばせる事が出来ません。だからこそ大人はホントの事を言ってはいけないのです。

たとえば、効果が見受けられない、ダイエット中の奥さんに「なかなか痩せないね」と言うのではなく、逆に「あれ? ちょっと痩せたんじゃない!」と、奥さんに喜ばれることを言葉にして伝えるのです。

なるほどと、思わせていただきました。日常生活で、ストレートに、相手を気にもせずに、言葉を発していることが多いことに気付かせていただきました。これから『逆のものさし』を大事にしてみたいと思いました。

コメントはまだありません | 高橋 実

最近読んだ本に、掲載されていた一文を、紹介します。

自分にピッタリ当てはまる法則だなと思いましたので・・・・

 

『鏡の法則 を意識しよう』

自分の運をよくしたかったら、まず、相手の長所を見る事。

もし、相手のマイナス面ばかりを見ていると、相手もこちらのマイナス面ばかりを見ています。

相手は自分の写し鏡となるわけですね。

自分の心の有りようは、無意識のうちに相手に伝わります。

人生を円滑にさせるためにも、なるだけなら相手のいい点を見る習慣を心がけたいものです。

 

と書いてありました。今後は意識して日々を過ごしたいと思わせて頂きました。

有難うございます。

コメントはまだありません | 高橋 実

最近雑誌を見て、驚きと深く心に残りましたので抜粋して紹介します。

日本には企業が412万社あるそうです。

  ・創業100年以上続く企業(長寿企業) 20,000社 (世界第一位)

  ・創業200年以上 〃 3,113社(世界第二位のドイツの約2倍)

  ・創業1,000年以上 〃 19社

  ・最も古い業歴の会社は1,432年の歴史を誇っています。

日本は歴史の古さでも社数でも世界第一位なそうです。

日本人は、「続ける」事に大きな価値をもっていて、単に伝統を守ってきただけでは顧客に見放されてしまうので、環境や顧客の変化に機敏に対応して不断の革新を続けてきたからこそ、生き残ってきのです。

そして、百年企業の約八割は家訓・社是などを持っていますし、会社の目指す方向性や社員共通の価値観を醸成することは、改革の際の立ち返るべき原点として重要なものです。

百年企業に共通しているのは家訓・社是は、「変化させてはいけない伝統・理念」を維持しつつ、「時代の流れや顧客変化に対応し、常に革新を行っていく」という理念や社風を持っている事と言えます。

長寿企業の社員は品質維持や社員同士のチームワーク、そして指導教育の徹底、自己研鑽など自主性も重んじ、家訓を守りつつ、時代の変化に対応してきたと思います。

そして常に「革新」を続けてきたので、「老舗」企業として生き残ってきたと思います。

「革新」と「老舗」は矛盾せずに併存できるのです。まさに『常新老舗』(老舗は常に新しい)なのです。と書かれて有ました。

顧客第一主義で、これからの時代は特に技術を売ると同時に「心」を売る時代でもあります。利益は『ご利益』から生まれるものと聞いたことが有りますが、まさにその通りと思います。お客様に『ご利益』をもたらす様に一心に努めて行けば、利益は後からついてくると言う事です。肝に銘じて頑張りたいと思います。

コメントはまだありません | 高橋 実

事故から、早いもので2年半がたちます。先日の報道で、首相が「汚染水問題は東電任せにせず、国が前面に出て必要な対策を実行していく」と表明。「場当たり的な対応ではなく、抜本的な対策を講じる必要があると」のべておりました。

国は今迄東電任せにしていたのですね。何時も報道を聞くたびに不思議に思っておりましたが、放射性物質を含んだ高濃度の汚染水を仮設の地下貯水槽、地面を掘って遮水シートを三重構造のシートで覆って作ったもので、容量は14000㎥(縦60mx横53m深さ6.0m)の巨大な「地下貯水槽」です。誰が考えたって仮設にすぎません。漏れて当たり前です。それを、シートの強度不足で破れて漏れたのが原因ですと記事に載っておりました。非常に無責任極まりない発言で非常に残念です。シートの強度不足もあるが、それより地盤支持強度の方が懸念されます。地下が駄目なので今度は、地上タンクを設置それもボルト締めなので漏れてしまつたようです。このタンクも仮設です。今度はジョイントを溶接するようです。急ぐのは理解できますが、初めから・・・?。他にも仮設の配電盤にネズミが入り漏電して停電になり冷却用ポンプが止まり、2次災害の危険にさらされる事故が起きた。その他にも沢山の一時しのぎ的発想の対策が多く、重大事故にしては、あまりにも軽視された復旧対策に思え、残念でなりません。

今迄の2年半の歳月とお金が有効に費やされてこなかったように感じます。今回の事故は、過去に例の無い重大な人災です。完全復旧に1世紀を要するとも言われております。場当たり的で仮設的対策ではなく、本設的対策を講じ早い復旧を切に願います。

コメントはまだありません | 高橋 実

参議院選挙の投票日7月21日が色濃くなってきました。

前回の衆議院選挙は、民主党の惨敗で自民党の圧勝となり政権交代しました。一番の敗因は公約違反である消費税導入による国民への裏切りだと思います。一番功を奏したのが自公政権ですよ、手を汚さずして消費税導入をいいとこ取り出来たのですから、誰しもが消費税導入については、暗黙の了解ですよ、ただ約束違反と時期尚早だった事と思います。

政権交代当時の自民党は、何でも有の勢いで、特に憲法改正については異常でした。9条の第2項の条文を削除する為に、96条の改正まで言い出しました。その条文は国家権力者が暴走しない為の縛りですよ。それを緩めて何時でも変えやすいルールにしようとしたのですから、これは本末転倒だと思います。

最近になって、96条 改正反対の動きが世論で高まってきました。選挙も近いので自民党もトーンダウンしてきています。ですが参議院選挙で、前回と同じ自公政権が圧勝して過半数を超えると、又強気に何でも有で暴走する恐れがあります。3/2を2/1にハードルを下げる事が、理解できません。本当に必要な改正案であれば、3/2で有ろうが、100%であれ、誰もが賛成することでしょう。どこかに無理があると思います。

今回の選挙は特に重要な選挙だと思っております。有権者として良く国会議員を注視して行かなければならないと思います。

あくまでも、個人的主観です。

コメントはまだありません | 高橋 実

『落下物』

2013/3/2


『落下物による事故』

最近良く『落下物』という言葉を良く聞きます。

2月15日、100年に一度といわれるロシア中部への隕石落下。上空で爆発して、その衝撃波で3000を超える建物の屋根や窓ガラスが損壊して1000人を超えるケガ人が出ました。高速で飛来した隕石による衝撃波のエネルギーは広島型原爆の20倍近い300キロトンだったことが報道されていました。死者がなかっただけでも幸いでしたが宇宙からの落下物に対する恐怖感が強まります。東日本大震災の大津波は1000年に一度と言われましたが。いずれにしても何が起こるかわからないご時世です。この様な災害は気をつけようにも・・・・・・です。

 

身近の事故では、2月25日、公共建物でコンクリート製の外壁パネル材が剥離落下と新聞で知りました。幸い人身事故に至らなかったのが幸いですが、重大な人災と思います。老朽化が原因とあまりにも無責任な説明が記載されていました。非常に憤りを感じます。・・・・・・・・

 

記憶に新しい悲惨な大事故ですが、昨年の12月2日笹子トンネルで発生した「吊天井板落下事故」は、死者9名、負傷者2名の痛ましい結果を招いた重大人災です。この設計は10倍以上の荷重に耐えられると計算されていたが、構造物のどこかに想定外のストレがたまり、耐久限界を超えたとしか考えられない。その第一原因がアンカーボルトで有ったと書かれてありました。又12月3日には事故原因について「大きな理由として老朽化を考えている」と説明されていました。これも又無責任極まりない発言で、非常に憤りを感じます。重いコンクリート既製板を天井、仕切り板に使用しそれを天井から鉄骨柱で吊り鉛直方向に後打ちアンカーボルト(接着材併用)で固定する設計のようです。事故後アンカーボルトの引張強度検査結果 約70%が設計強度に満たされていなかったようです。故に当初の設計段階でもっと慎重に深く検討を重ね、工法選択すべきであったと思いますし施工時に入念なアンカーボルト引張強度検査を実施されておれば防げた事故と思います。又、アンカーボルトをコンクリート埋め込み式に何故出来なかったのか?・・・・・ 非常に残念です。

 

更にはトンネル内、高架橋の天井部からのコンクリート、モルタル等の落下が何回か発生し報道されています。何れも大惨事に至らなくて胸をなで下ろす次第ですが、反面・・・・・紙一重です。

 

何れにせよ、構造物による事故は、有ってはいけない『人命の尊さ』をもっともっと重きに置かなければいけないと思います。既設構造物については、定期詳細点検の実施、不良個所の改善実施が不可欠です。又、原因究明には迅速な対応が肝心です。犠牲になられた被害者の為にも二度と起こさないようにして頂きたいと思いますと共に節に願います。

 

我々もこの事故原因を我々成りに究明し我事に置き換え、今後の教訓とさせて頂き、改良改善を繰り返し『安心で安全な良い建物』を、お客様に提供させて頂く責任を、改めて重く受け止めさせていただいた所存でございます。

コメントはまだありません | 高橋 実

ブログトップへ戻る次のページへ >