HOME > スタッフBlog > 志摩 辰也スタッフブログ


120710_1137~0001120807_1139~0002

120730_1154~0001120829_0908~0001

西区西野にあるおいしい蕎麦屋さんです。【手打蕎麦のたぐと】

建物外観は、素敵な煉瓦造りです。

写真は、天セット1050円です。お蕎麦は、更科蕎麦で、腰があり冷たく冷えています。「天ぷら(エビ2、エンドウ、ゴボウ、しめじ)、五穀ごはん、昆布の佃煮です。」

大変おいしく食べさせるため、そばは、二枚に分けて出されます。店主の気配りが、江戸流の意気を感じます。初めは、ちょっと少ないなと思っていたら、もう一枚出てきて、びっくりしました。

このほか、かしわセイロ他たくさんのメニューがあり、迷ってしまうぐらいです。

どれも店主のこだわりを感じさせるメニューになっています。

ぜひ一度食べてみてはどうですか。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

120715_0758~0002120715_0835~0002

厚田のAM7:46快晴の空と海 愛車のコペンくん

久しぶりの日曜日に、ふらりとドライブ。

厚田に豆腐と油上げを買いに行き、朝市で、まがれいの

干したのと、空揚げ用の取れたてかれいを買いました。

帰りにあまりに綺麗な青い空と青い海、思わず撮った一

枚の写真です。

気持ちの良い早朝のドライブに、何かいいことありますね。

得をした気持ちになれますよ。行ってみてはいかがですか。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

120531_1459~0001120531_1455~0001120531_1430~0001

  道北地域は、風力発電適地として有名で、150万キロWの構想も打ち出さ

れています。苫小牧市メガソーラーを建設予定のソフトバンクは、道北の風力

発電は、潜在能力で500万キロWもあると想定しています。しかし、最大の

課題は、送電網の整備が課題です。整備には、2000億円の費用が掛かり、

国の関与を強めていく必要があるようです。

  私の住んでいる石狩市にも、最近風力発電の風車があちこちで建てられてい

ます。近づいてみると大変大きなもので、大きさに圧倒されます。石狩湾新港

沿岸では国内最大規模の建設計画浮上しており、国土交通省と環境省は、洋上

風力立地の建設手引き書を5/22に策定しました。

洋上になると漁業者・自治体・自然動物等に配慮した人にやさしい安心・安

全な自然エネルギーを開発発展させていきたいですね。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

120519_1149~0001120519_1148~0002120519_1148~0001120519_1147~0001120519_1147~0003豊平区中の島2条7丁目「精進河畔公園」

先日、パルク中の島(介護付き高齢者施設)現場見学会スタッフとしてご案内をさせてもらいました。その時2階の施設から車いすで散歩に出かける姿を見て、どこにいくのなと思っていると、すぐ近くに、素晴らしい自然豊かな公園があり、のんびりと散歩をしていました。

公園は、「精進河畔公園」市と住民が話し合い自然をそのままに残し、虫や花・木を観察できるようにしていました。たんぽぽの群生があり、素晴らしいきれいさに感動です。

水辺には、水鳥が、時期になると蛍の幼虫の放流、河川の清掃、植樹などを行い憩いの場

になっているようです。

昔は、木材を流し札幌に馬車で運んだ由緒ある精進川。都会に残された貴重な緑地空間です、お年寄りから、お子さんまでのんびり楽しめる公園を大切にしたいものです。ぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

120419_2330~0001120420_0005~0001120420_0021~0001

最近、大流行の家庭でパンを作れるホームベーカリー。米からはできない

古いタイプですが、ふっかふかあつあつの出来立てパンは、家族に大人気。

豆から挽くコーヒーは、香豊かで、思わず「うーん、いいー香り」と幸せ

な気持ちになります。豆は、最近、函館美鈴にはまっています。生豆をそ

の場でローストしてくれて、煎方の深さを選べます。

休日の朝、前日に予約して出来上がったパンの香がしだすと、こりこりと

コーヒー豆を挽き、アルコールランプに火をつけ、サイホンでお湯を沸かし

コーヒーを落とすと、部屋中にいい匂いが香たちます。至福のひと時です。

手作りパンと挽きたてコーヒーはいかがですか。

 

コメントはまだありません | 志摩 辰也

120316_0705~0002040501_1649~03

家の前の現風景 昨年5月函館五稜郭の桜

 

  左の写真は、今日の石狩市の家の前の現風景です。やっと道路のアスファルトが見えてきていますが、奥に見える手稲山は、真冬です。今年の特に厳しい冬が終わりを告げ、春の兆しが感じられます。

  右の写真は、昨年の5月に函館市五稜郭公園を散歩しているときの桜満開の写真です。もうすぐ日々春の陽だまりをを感じながら雪解けがなにより楽しみです。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

120212_2058~0001120226_1045~0002

           そばの完成品です。                        のし板・めん棒・こね鉢・ふるい・こま板・包丁です。

 

120226_1046~0001120226_1046~0002120226_1046~0003

               包丁・こま板                               めん棒・巻き棒(2本)                 ブラシ・ふるい

二八そばの作り方

一、こねは、こね鉢にそば粉800g、小麦粉200g 計1,000gをふるいに掛け、水は、三回に分け40%

~45%を入れ、水回しが完了して、力を入れてこねます。次は菊練りを行い空気を抜き、そば玉にします。

二、のしの工程は、地のし、丸出し、四つ出し、幅だし肉分け、本のしです。のしの次はたたみで、八つ

にたたみます。そば帯を作ります。幅出しで、麺の長さが決まります。標準で約45㎝です。

三、切りは、こま板を定規にして、包丁で1.5㎜厚のそばを1.3㎜に切ります。江戸流のそば打ちで、一番

おいしく食べれるサイズです。

安くて、おいしいそばを、自分の好みで自由に作れたら、楽しいですね。そば好きには、たまりません。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

ある日の情景

2012/1/26


093094

  昨年の秋、札幌の道庁東門前の素晴らしい紅葉が目に留まり、思わず撮った写真です。

札幌の街は、四季折々が実にきれいで、特に紅葉の季節にはその美しさに感動します。

 

    昨年秋は、テレビニュースでクマの出没が多数あり、変おどろいたのです。クマの出没は、前年度木の実が豊作で、クマの繁殖が活発化し、人間との生経験のない小熊が育ち、警戒心が少ないことと、今年は、木の実が少なかったが原因らしいですね。

 

   全国的にもミツバチが減っていく中で、北海道庁別館の屋上で、日本ミツバチを飼育し、はちみつを作っていことご存知ですか。自然豊な札幌でならではです。大都会のビルではちみつ作りとは驚きです。

 

   190万人の生活する北の大都市札幌、美しい自然を楽しみ、自然との調和を模索しながら日々感動をもらえる街に感謝です。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

2011.8.自宅前にて

110827_0848~0001

マイカーのダイハツ・コペンです。 8年前に購入し、二代目(同型)春から秋が最適。軽自動車ですが、ターボエンジンで頑張って、風を切って走ります。

宮川建設に入社した時に、記念に買いました。その当時は、ほとんど見ない車でしたが、最近は、増えてきました。

愛着が出てきましたので、今後も末永く一緒に、仕事に、趣味に、共に出かけるでしょう。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

< 前のページへブログトップへ戻る