HOME > スタッフBlog > 2012 > 1月スタッフブログ

デスクトップ

2012/1/31


                 126251856958916110269_IMG_5666

                会社のパソコンが新しくなりました

          

               とても快適です

 

 

               それを機会ににデスクトップの画像を「富士山」にしてみました

 

 

               富士山の画像が多くあるので毎月更新しようと思います

コメントはまだありません | 廣田 真也

雪まつり

2012/1/30


P1040212P1040210

そろそろ雪まつりの時期ですね~ 雪像もそろそろ完成が近いです。

街中は、観光客を迎える準備です。 ちらほら、観光客もカメラを持ち写真撮影

 

P1040215最近の寒さのせいでしょうか・・・

コメントはまだありません | 石澤 健司

今年に入って寒い日が続いています。

私は、営業で外回りが続き、風邪をひいてなかなか治りません。

寒さで気持ちが縮こまってしまう中、先日、面白い話を聞いて、思わず笑ってしまいました。

営業で外回りの時です。ラジオのトーク番組がお化け番組「家政婦のミタ」の話題で盛り上がって聞いていました。(面白かったですね。)

まずは、小学校で「家政婦のミタ」ごっこが流行っていて、なにかあるとお互いに「承知しました…」と言い合うそうです。

ここで少しニヤッとしましたが、大笑いはそのあとでした。

キャスターが投稿を読み上げます。

あるご夫婦がくだらないことで、大げんかになり、奥さんが捨て台詞とともにご主人におならをしたそうです。

ご主人は怒り「おまえなんか、あれも禁止・これも禁止・おならも禁止だ!!!」・・・とやり返したところ、奥さんは「家政婦のミタ」のように、すっくと立ち上がり、無表情に

「承知・・・できません!!」と言い放ち、静かに部屋を出て行ったというのです。

ご主人は、怒りも忘れて唖然としたそうです。

ラジオのキャスターも私も大笑いでした。

でも、この後、運転しながら思ったことがあります。

この「承知・・・できません!!」・・・のセリフは、国会で行われている消費税の論議の内容や政治の混乱ぶりを見ていて、政治家の方の前で言いたくなるのは、私だけでしょうか。今のままでは、ほんとに「承知・・・できません!!」

KC380039001

追伸・・・紹介します。我が家の家族・お兄ちゃん猫のチャミです。

小さいときはキカン坊でしたが、弟ができて、すっかり大人になりました。

このブログに時々、出演させようと思います。

コメントはまだありません | 中村 諭樹彦

ある日の情景

2012/1/26


093094

  昨年の秋、札幌の道庁東門前の素晴らしい紅葉が目に留まり、思わず撮った写真です。

札幌の街は、四季折々が実にきれいで、特に紅葉の季節にはその美しさに感動します。

 

    昨年秋は、テレビニュースでクマの出没が多数あり、変おどろいたのです。クマの出没は、前年度木の実が豊作で、クマの繁殖が活発化し、人間との生経験のない小熊が育ち、警戒心が少ないことと、今年は、木の実が少なかったが原因らしいですね。

 

   全国的にもミツバチが減っていく中で、北海道庁別館の屋上で、日本ミツバチを飼育し、はちみつを作っていことご存知ですか。自然豊な札幌でならではです。大都会のビルではちみつ作りとは驚きです。

 

   190万人の生活する北の大都市札幌、美しい自然を楽しみ、自然との調和を模索しながら日々感動をもらえる街に感謝です。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

 

110421_1137~0001

早いもので孫のいっせい君が今月で2才、愛犬のルイ君が4才になりました。

この写真はいっせいくんがやっとヨチヨチ歩きはじめた去年4月の写真です。

今は、だいぶしゃべれる様になり「じいたん」と言います。お父さんと呼ばせる様にしているのですが・・・・・

無理ですね!!!!!!

愛犬はルイといいます。

2歳半で北区あいの里の近くのふくいの保健所から貰ってきました。

ルイの前も同じシーズで同じ所から貰ってきました。5才で貰ってきて13才半まで一緒に暮らしていました。

前の犬は、マロンと言いますがとても利口な子でした。

何処へ行くときも一緒で肩車したりして・・・・寝るときも一緒に布団に寝ていました。

そのマロンが枕元で旅立ちました。女房が寂しがって我慢できず2ヶ月も立たないうちにやっぱりマロンに

似たルイを貰ってきました。

ちょっときかんぼな顔してますが、捨てられた寂しさの目なんです。今はまん丸な目をしています。

とても利口で優しいんです。

・・・子供も、犬も一緒にいると、こころがとてもいやされます。・・・・・・・・犬も家族です!!!!!!

コメントはまだありません | 中嶋 聰

1月も・・・

2012/1/24


111222_182205

 

 

あけましておめでとうございます。

 

あっという間にあと1週間で1月も終わりですね。

年々、時の経つのが速くなっているような気がします。

暮れに管理物件のオーナー様から頂いたミカンの

お礼も遅くなってしまいました。

『Mオーナー様、おいしいミカンありがとうございました!

みんなでおいしくいただきました!』

 

111218_214635

  2012年の1月は、大雪で、大変でしたね。

大雪被害のあった皆様にお見舞い申し上げます。

左の写真は、岩見沢のパン屋さんのデニッシュです。

 

今朝もJRに運休、遅延があったようですが、

JR通勤者の私は、運良く巻き込まれずに普通どおり

出勤することができました。

 

2月は、穏やかな天候になりますように・・・

コメントはまだありません | 境 史恵

120108_1346411

昨年制作したハンモック式のアウトドアー用イスです。レプリカがありましたので試行錯誤しながら2脚制作しました。

シーズンオフにできましたので外では未使用です。

堅い木材手に入るかがポイントでしたが当社のおせわになっている木材店の社長さんが倉庫の奥からアフリカ産の堅い木材をわけていただきました。

布は帆布用で縫製は娘に作ってもらいました。

うたた寝するにはもってこいです。南国のホテルのプールサイド気分になれるイスです。南の島晴れ晴れ写真より実物の方がエレガンスです。

 

120108_1353181折りたたみ持ち運び、収納がシンプルです。

接合、接点がズレテいたらフラットならないことがわかり何度かやり直し。

 

 

 

 

 

 

 

120108_1348531

 

作業場(工房)で使う腰掛けにと思い、寄せ集めの材料で制作しました。

これも帆布を使っていますが精度のボロかくしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いままで作成した作品を小出しに紹介していきます。また、次回は昨年建てた工房を紹介します。お楽しみにカメカメカメ

コメントはまだありません | 入江 秀美

show_pic1 show_pic2

 

内閣府国民生活局が行った国民生活モニターによると、国民の7割近くが、環境(スペース)を配慮して日常の買い物をしているとのこと。

せっかく自分や家族の生活がより豊になるグッズや家具と巡り会っても、収納スペースの問題であきらめるのは悔しいものです。

そんな方のために、当社では収納スペースのレンタルを始めました。

皆様も是非、ワンランク豊かな生活空間を目指してみてはいかがでしょう。

 

詳細はここから

http://miyakawa.cbiz.co.jp/index.htm

コメントはまだありません | 丸山 忠

みなさんも経験していると思いますが、冬休み中に子供をスキーに連れて行きました。

私は、阿寒町の出身で、夏は暑い日は少ないし、冬は雪が積もらないため海水浴とかスキーに行く

事がありませんでしたので、小さい頃は、もっぱらスピードスケートで遊んでいました。

高校卒業して札幌に出てきたときは(北区に居住)、雪の多さにビックリしましたし、小中学校

でスキー場でのスキー学習あることが信じられませんでした。

スキーは、実家が牧場で牛の飼育を行っていたので、牧草畑の斜面を利用して滑っていたので、

多少は滑ることができますので、親の面目を保つことが出来ました。

体育館やスポーツクラブを利用してのインドアスポーツもありますが、屋外でのスポーツを楽しんで

はいかがでしょうか! ケガには、十分に気をつけてくださいね。

それでは、時間のある時、また社員のブログをのぞいてください。

ダイナスシティスキー場3(H24.01.02)           ダイナスシティスキー場(H24.01.02)

コメントはまだありません | 照井 一浩

アイスホテル

2012/1/19


IMG_1543

IMG_1514

北海道のトマムといえば、北海道を代表とするリゾートとして有名で、今はアジア系のお客様で随分賑わっているそうです。

私が最近行ったのは昨年の2月くらいだったか。スキー場やホテルの内部は、わからない言語で満たされていて、マナーもそれぞれお国柄を感じます。

久しぶりに行って驚いたのは、アイスホテルがあるとのこと。普通に見学できるのですが、本当に宿泊する人が意外と多くいるとか。

幻想的で素敵なように見えますが、くつろげるのか、眠れるのか、風邪引かないか心配になります。

アイスホテルに隣接してアイスバーやアイスレストランやアイスグラス屋があったりします。アイスづくしで身も心も凍り付きそう。

でも、このような所に宿泊すれば、きっと何か育まれる物があるのですね。

北海道ならではのアイスホテルお試し下さい。

コメントはまだありません | 幸正 和典

ブログトップへ戻る次のページへ >