HOME > スタッフBlog > 2012 > 2月 > 20スタッフブログ


2月6日から12日間の間雪祭りが開催されました。

 

1つの雪像を造るのに多くの人達が、天候の悪い日でも作業にあたり、大変にご苦労様でした。

 

仕事の関係で大通に行った時に、仕事の合間を見て『大通4丁目のSTV広場』にありました『雪の水族館』

 

の作業工程を写真に撮り見学していましたが、初めて作業中の雪像を見ましたが、大変んな苦労をして完成していると

 

思います。今回の雪祭りは、寒さとインフルエンザの影響で来場者が前年度より29万3000人少ない170万300

 

0人だったそうです。開催期間中、気温の高い日もあったせいか、倒壊の事故などがありましたが、

 

来年度も、北海道経済のために、たくさんの観光客に来るような、どんな雪像を造るのか楽しみにしたいと思います。

 

また、残念なことに、完成した雪像も次の日んから解体です寂しいですね。解体され残った雪は、5月くらいまで

 

残っているそうです。

 

 

大通公園1(H24.01.10)雪祭り現場1(雪の水族館 H24.01.18)雪祭り現場2(雪の水族館 H24.01.23)

 

雪祭り現場3(雪の水族館 H24.01.30)雪祭り会場2(雪の水族館 H24.02.06)雪祭り会場(雪の水族館 H24.02.06)

 

雪祭り会場3(雪の水族館 H24.02.13)

コメントはまだありません | お知らせ / 照井 一浩

ブログトップへ戻る