HOME > スタッフBlog > 2012 > 6月 > 20スタッフブログ

水の教会

2012/6/20


この間、安藤忠雄さんの昔の作品集を眺めていて、代表作でもある【水の教会】がすごく懐かしく

思えました。

1988年の作品なので、20年以上も前の建物ですが、時代を感じさせないのは、余計なデコレーション

で飾るのではなく、自然や空間を意識しデザインした、シンプルで繊細な建物だからではないでしょうか。

 

CDEF

 

当時、今の奥さんと見に行きました。

現在の建物がどのようになっているか、今年の夏は娘と見に行こうと思っています。

 

AB

 

昨年は伊丹 潤さんの【石彩の教会】を娘と見に行きました。

こちらは、対象的に自然に対峙し聖なる空間を演出した建物です。

突然訪問したにも関わらず、ホテルの人が親切に案内してくれたのが嬉しかったです。

さて、娘が今年も一緒に行ってくれるかが心配です。

 

G

コメントはまだありません | 岸 照樹

ブログトップへ戻る