HOME > スタッフBlog > 2012 > 11月スタッフブログ


レジデンス14

新社会人、学生さん、来年3月~入居OK予約受付開始致しました。

広い1LDKです、家賃は25000円~

地下鉄東豊線、環状東駅徒歩7分です。特典有ります。詳しくはホームページへ進んでください。

コメントはまだありません | 中嶋 聰

1)(株)宮川建設の賃貸管理に携わる資格者人数をご紹介致します。

まず、オーナー様の大事な資産管理を行うに当たり、国土交通大臣所管の賃貸住宅管理 業者の登録をしています。

この登録の意義は貸し主、借り主どちらからも安心してお住まい頂くための制度です。

登録番号 国土交通大臣(1)第1435号

2)常に良い管理向上を目指す為に以下の団体に加盟して知識の習得に努めています。

公益財団法人 日本賃貸住宅管理協会加盟

全国賃貸管理ビジネス協会加盟

宅地建物取引業 北海道知事 石狩(1)第7642号

3)賃貸管理に携わっている資格者

賃貸不動産経営管理士 7名

少額短期保険募集人 7名

防火管理業務教育担当者 3名

宅地建物取引主任者 2名

以上、賃貸管理に関わる資格者です。資格におごらず一生懸命に精進して参りますのでご支援、宜しくお願い致します。

 

コメントはまだありません | 中嶋 聰

電車で化粧

2012/11/15


019972m

いつもと同じ通勤電車の中。
車窓の向こう側では、夏の暑さを忘れられずに雪になり損ねた一頻りの雨も上がり、濡れた秋桜の緑が晩秋の陽射しを受けて淡く煌めいている。
乗車してすぐに車内の違和感に気づく。
車輌のほぼ中央で座席に腰かけている若い女性が、円盤状の物体(ファンデーションとか言うらしい)を頻りに覗き込んでいる。
独禁法で公取に捕まりそうな勢いで皆の注目を独り占めしているのだ。
化粧に熱中している彼女は、皆の視線など一向に介していないようである。
鼻の下を伸ばしたり、マスカラを塗るときは目を剥いたり、さかんにヘン顔(私にはどうしてもそのように見えた)をして、特殊メイクのような造作作業に余念がない。
決して届くことのない夢と、抗いきれない悲しい現実のはざ間で苦しんでいるようである。
私もなるべく視線を逸らしていたのだが、その面白さ、空前絶後、他の追随を許すものではない。
吹き出さないように必死に堪える。
こんな静かな所で笑ってはいけないと思うと、逆に耐え難いくらいおかしくなる。
飼っていた犬が死んだことを思いだして笑いを噛み殺す。
ふと周りに目をやると、近くに座っているサラリーマンも笑いを堪えて震えている。
貴様、罪もない通勤おじさん達を笑い殺す気なのか! えっ、そうなのか。そうなんだな。
あえてもう一度言っておこう。この惨劇は通勤電車の中での、ごく普通のOLが巻き起こした事件なのである。
こうして、永遠とも思えた阿鼻叫喚地獄のような時が過ぎ、通勤電車は静かに終着駅のホームへと滑り込んでいった。
化粧は自宅で済ませようね。

コメントはまだありません | 丸山 忠

 

この度、10月中旬から10月下旬にかけて南区の藤野聖山園様事務所において外壁塗装の塗り替え及び

エントランス天井の貼替え、塗装工事を施工させていただきました。

11-1

外壁塗り替え前 外壁塗り替え後

23

外壁塗り替え前 外壁塗り替え後

45

外壁塗り替え前 外壁塗り替え後

67

エントランス天井貼替え・塗装前 エントランス貼替え・塗装後

 

この施工時期は大変天候が悪く作業が順調に進みませんでしたが、無事に写真の通り完了させることが

できました。

コメントはまだありません | 海野 修二

(仮称)大光21番館新築工事 11月10日現在の現場の進捗状況です。

 

屋上防水工事中

2012-11-10 14.14.09

外壁タイル貼り

2012-11-12 07.32.29

内部ボード貼り、木枠取付

2012-11-12 07.30.232012-11-12 07.31.09

現場は、順調に進んでいます。

これから寒くなりますが、安全に注意し進めて行きます。

コメントはまだありません | 鈴木 辰彦

先月、読売新聞と共同通信社は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った世界初の臨床応用をM氏(48)が行ったとする報道について、事実無根だったとおわびする編集局長名のコメントを出した。

私は、この大誤報について、おわびのコメントで一件落着するだろうと思っていた。

しかし、報道各社は私の予想に反し、M氏を執拗に追いつめ、見苦しい程の取材を進めていた。感ずるところ、一部の報道側の目的とするところは、M氏のiPS細胞の臨床応用報道について、「やむを得なかっ

たのだ」「報道した側に過失はない。」というアリバイづくりのため、本人から確信的な説明を得ようと取材に奔走しているように映った。

これは、ノーベル賞を受賞した山中教授の大ニュースに乗っかったスクープ報道を目論んだものであったのだろうか。しかし、それが外れ、大誤報となってしまった。

そのマスコミを責めるつもりはないが、裏付け取らない報道についてあまりにも稚拙すぎないかと感ずるのは私だけではないと思う。

かつて「遺跡ねつ造」をスクープした毎日新聞特別取材班のドキュメント綴りを目にしたことがある。その裏付けは、完璧と言える内容であった。私の経験則からしても、これほどの裏付けをした毎日新聞取材班に敬服

したものである。

今回のスクープ報道は、この取材班ほどの「ウラ」を取った形跡もないし、疑問が多かった。

翻って、商取引も同じであろう。相手方と取引をしようとする場合、当然に、資力とか、負債とか、目的とか、契約の動機などを調べ、契約先として問題がないかという意味での心証を取る。そして、安心したならば、

交渉を進めていく。これが「ウラ」取るという意味である。情報に対して、複眼的に検証を進めなければいけないのである。

今回の大誤報は、最近の報道機関の問題点の多くを我々に提起してくれたように思える。

 

 

【写真のこと】

山中教授が自作したイラストです。ES細胞が直面している課題を「涙を流す胚」(上)、「腫瘍ができて涙を流すマウス」(下)で表現したと言います。中嶋教授のイラスト

コメントはまだありません | 村上 洋一

ポプラ並木

2012/11/5


tuika__

この時期の風物ですね・・・

昨日、雨の中北大に行きましたが、天気の悪さにもかかわらず、結構見物の人達が大勢いました。

今年の秋の風物詩でしょうか・・

秋終わりでしょうか・・もう少しで、雪の季節が近づきつつありますね・・

ちなみに、夜はライトアップしているようで、昼間とは違った感じがすると思います・・・

コメントはまだありません | 石澤 健司

__写真3__写真5__写真1__写真6__写真7

今が見ごろの北海道大学銀杏並木とそば街道で有名な国道230号線沿いの「此花」

(このはな)二八の手打ちそばで【しいたけセイロ】の新そばです。…一年で一番そば(秋蒔きのそば)ときのこ(しいたけは、自家栽培のとれたて)がおいしい季節です。

そのほか、秋は、栗ごはん・武川のシシャモ・石狩鍋・さんまの塩焼き等とおいしいものが盛りだくさんです。くれぐれも太りすぎに要注意ですね。

 

コメントはまだありません | 志摩 辰也

今年も残すところ2ヶ月となりました。気温も下がってきて寒くなってきましたが、札幌ドームだけは、ファイターズの奮闘により熱く燃えています。今日も頑張れ!

さて、昨日のブログで、陸上自衛隊のヘリ(UH-1J)が紹介されていましたので、今日は、最近話題のオスプレイについて、私の学生時代の同期の友人が、先日オスプレイに体験搭乗し、その感想を述べていたので紹介します。

一言でいえば、空飛ぶ絨毯で、世にも不思議な乗り物だったそうです。ふわふわとヘリコプターのように上昇し、空中で突然Gがかかって、レーシングカーのように急発進、急にカーブを切りながら更に加速し、航空機に変身していくという、これまでのヘリコプターや航空機と全く違う感覚だったそうです。飛行モードへの転換は、わずか10秒ぐらいで、いつ切り替わったのかは全く気が付かないぐらいスムーズだったそうです。

アラビアンナイトに出てくる「空飛ぶ絨毯」にたとえるとは、言い得て妙だと思います。

オスプレイの真価は、ヘリでは飛べない距離を、ヘリよりも速く飛んで、固定翼機では降りられないところに垂直に離着陸できるところにあります。

最大速度は520km/h、航続距離は3,900kmであり、空中給油が可能で、現在使用されているCH-46と比較すると、速度が2倍、搭載量が3倍、行動半径が4倍になるといいます。つまり、沖縄から直接、尖閣諸島や竹島を往復することが可能になります。CH-46は、配備から50年も経過した老朽機であり、2014年には退役が決定しているヘリで、精強を誇る米海兵隊が今まで使用し続けてきたこと自体驚愕すべきことですが、順次オスプレイに換装されていく予定だそうです。

このオスプレイの配備は、我が国にとっても、島嶼防衛、領域警備での対応や警戒監視の面で軍事的抑止力になり、災害救援や海外での邦人救出などでも大いに役立つものと期待されています。

ただし、安全面での不安をマスコミ等が盛んにいっていますが、他のヘリと比較し事故率は低いとはいえ、軍用機であり、人が整備したものを、人が操縦するものであることから、絶対安全とは言い切れません。従って。運用に当たっては、配備される沖縄県民に配慮し、パイロットの訓練、整備・点検の徹底や運用規程を徹底する等、安全確保策をしっかり講じて事故防止に努めてもらいたいと思います。

また、機会があれば、是非搭乗してみたいと思います。

134473232652313231699_mv22

 

コメントはまだありません | 永吉 浩二

< 前のページへブログトップへ戻る