HOME > スタッフBlog > 2012 > 11月 > 27スタッフブログ


51yknkouMyL__SL500_AA300_アイツの言ってる意味、教えてくれ! -「そうだったのか!」が止まらない—

「先週ローンチしたサイトの調子はどう?」

「このガジェットのユーザビリティ、イマイチですね」
「例の件、鈴木さんマターでアーカイブもとにサマリー作っといてね」・・・

思わず「日本語で言え!」と言いたくなるカタカナ語を誰でもわかる日本語にしてみました。いい加減、テキトーなカタカナ語をなんとかしないか!
世の中には、2種類の人間がいます。「我々には、コンシューマーにソリューションを提供するためのスキームが必要だ!」の様な言い回しに抵抗のない人。そして、こういう言い回しを見聞きするたびに「イラッ」としてしょうがない人です。私も後者人間ですが、気持ちをスカッとさせるため最近よく見かける本の紹介「知らないではすまないカタカナ語(PART1)」「ビジネスで、イヤでも出てくるカタカナ語(PART2)」、「ネットでよく見るカタカナ語(PART3)」「知的な香りがするカタカナ語(PART4)」など、もとはどこの国の言葉か? 語源や由来は? ネイティブの人たちはその言葉にどういうイメージを持っている? など、カタカナ語の解説だけにとどまりません。おもしろ特集も多数収録。

デバイス[device 英]パソコンの周りにある機械(150ページ)

クラスタ[cluster 英]同じような人の集まり(158ページ)

ギーク[geek 英]      特定の分野だけに特殊能力を発揮する変人(162ページ)

ノマド[nomad 英]   会社ではなく喫茶店で資料を作るような働き方(164ページ)

オプトイン/オプトアウト[opt-in/opt-out 英]オプトイン:やっていいですか?/オプトアウト:やだっていわなかったじゃん!(166ページ)

エンゲージメント [engagement 英]対等で、同士のような関係。互いのニーズが満たされる幸福な関係(174ページ)

アーキテクチャ[architecture 英]どういうつもりで作ったか/なんのつもりで集まってるのか(176ページ)

シームレス[seamless 英]なんでもこい!(178ページ)

モジュール(化)[module 英]コマ切れにすること(182ページ)

マネタイズ[monetize 英]まだ儲けが出ていないサービスで儲けようとすること(184ページ)

コンバージョン[conversion 英]サイトの訪問者がお金などの利益を落としていくこと(186ページ)

ライフハック[life hack 英]暮らしに役立つ豆知識(190ページ)

デジタルデバイド[digital divide 英]ネットを駆使できる人とそうでない人の間に生じる格差(193ページ)

リテラシー[literacy 英](ある分野の情報を)正しく受け取る能力(196ページ)

バイアス[bias 英]意見や考えを歪めるモノ(198ページ)

イデオロギー[ideologie 独]よくいえばポリシー。悪くいえば偏見(200ページ)

レジーム[regime 仏]古くさい考え方や制度(202ページ)

コンテクスト[context 英]それまでの話の流れ。空気(読め)(206ページ)

ヘゲモニー[Hegemonie 独]向かうところ敵なし。無敵(212ページ)

メタ[meta 英]一段上からの、あるいは、一歩外からの(224ページ)

リビドー[libido 羅]ヤリタイ気持ち(227ページ)

ソーシャル[social 英]ネットのみんなで/ネットのみんなの/ネットのみんなと(お付き合い)(230ページ)

コンテンツ[contents 英]そのものにとって一番大切なモノ。内容(234ページ)

エッジ[edge 英]アクが強くて、とがってる、カッコイイ(?)(236ページ)

アイコン[icon 英]それを端的に表すもの。象徴(240ページ)

グローバル化[globalization 英]お客様は全人類! あるいは、世界征服(242ページ

なるほど!と思わず笑ってしまいます。本編では詳細な説明文と「語源、由来」「関連語」「使用例」が書かれているので、是非読んでみてください。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

ブログトップへ戻る