HOME > スタッフBlog > 2012 > 12月スタッフブログ

仕事納め

2012/12/28


今年もいろいろありました

良いことや辛いこと

昨晩は忘年会

今年のことを

振り返り

上手くいったことは

来年につながるように

上手く行かなかったことは

素直に反省し

同じ失敗は繰り返さないように

と毎年誓う忘年会なのですが

なかなか毎年うまくいきません

めげずに来年も少しでも成長するよう

頑張ろうと思う仕事納めの1日でした

本年は誠にありがとうございました

来年もよろしくお願い致します

 

コメントはまだありません | 廣田 真也

pump私達生活に不可欠な化石燃料は有限資源で、排熱時にCO2等の温室効果ガスを発生させ地球の温度を上昇させている。温度上昇は、海面上昇と、さまざまな問題を引き起こし、最近では「100年一度の異常気象」は数年ごと起きている様に思えます。地球の深刻な危機に京都議定書では、2010年迄1990年時を基準に、CO2排出量6%削減が義務付けらました。石油に代わるCO2が出ないエネルギーとして注目される「地中熱」が次世代エネルギーです。地中温度は、年間一定の温度を保ち、夏は太陽熱を地中に逃がし、蓄えた地中の熱を冬に利用する自然エネルギー。夏は涼しく冬は暖かい冷暖房・給湯・融雪、身近でクリーンな「地中熱」活用する事が、北海道に最も適したエコ。

1.灯油ボイラーと比べCO2排出量は50%減!室外機の騒音も心配することがありません。
2.ボイラーメンテナンスは、最低10年に一度必要ですが、煩わしいメンテナンスも不要。
3.ランニングコストは、灯油ボイラーと比べても、60%減!しかも火を使わないので、安心・安全なシステムです。
大地の恵み「地中熱」で、冬の暮らしを優しく暖めるこの再生可能エネルギーを地中熱ヒートポンプ(1の電力で、3の地中の熱をくみ上げ、4の熱をつくる)太陽光発電に比べ、普及速度は遅いが、確実に実行したいです。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

挨拶廻り

2012/12/25


挨拶廻りで家庭訪問。

10年~13年前に建築頂いた(RC住宅)お客様のお宅に年末の挨拶廻りです。

毎日、渋滞で捗りません。

2012-12-08 15.51.162012-12-12 10.37.42

10年以上経ちますが皆様綺麗に使って頂き感激です。

そろそろ外装や屋上のメンテナンス時期も迫ってきていますので良いメンテナンスのアドバイスが出来ればと思います。

やはり拘っただけあり、今見てもかっこいいです。

 

2012-12-22 10.09.222012-12-15 14.22.35

コメントはまだありません | 下川原 巌

IMG_20121225_072019IMG_20121225_072101

今朝の札幌、というか札幌の今日一日は、非常に寒いです。中島公園も寒々しい。雪が降るまでは鴨も沢山いたのに、池が雪で埋まってしまったら鴨たちはどこに行ってしまうのでしょうか。一羽もいません。でも、何か小動物の足跡は新雪の上に残っています。秋頃うろうろしていたキタキツネの足跡でしょうか。

さて、本日はクリスマスです。独身にはあまり関係ありませんが、それでも23日の夜、なじみの居酒屋さんで一人用のクリスマス料理は無いのかと聞いたら、わざわざ作ってくれました。ローストビーフのオードブル。自分はこれで満足。これをつまみに、しこたま飲んで、友人と朝まで飲み明かし、翌日クリスマスイブは廃人となってました。素敵なクリスマスでした。

まだ忘年会が残っています。体に気をつけて年末を乗り切りましょう。

IMG_20121223_203356

コメントはまだありません | 幸正 和典

これからの旅

2012/12/21


LCC各社が整いました。

・ピ-チ・アビエ-ション

・ジェットスタ-・ジャパン

・エアアジア・ジャパン

国外・国内共に低価格運賃です。

新千歳~那覇までの比較してみました。

ピ-チで沖縄へ

ピ-チは関西~新千歳 4790円~

関西~那覇 4590円~

新千歳~那覇 9380円で行けます。

ジェットスタ-で沖縄へ

ジェットは 成田~新千歳 4490円

関西~新千歳 4590円

関西~那覇 4590円

新千歳~那覇 9180円で行けます。

エアアジアで沖縄へ

エアアジアは 成田~新千歳 4580円

成田~那覇 6680円

新千歳~那覇 11260円で行けます。

乗り継ぎ・時間帯は不明ですが、この運賃で行けるんですね。

ちなみに東京から息子が帰って来る時に、チケットを探しました。

時間帯がいいのは、スカイマ-ク方が安く購入できました。

成田と羽田ではやはり、羽田が便利ですね。

何かの機会に乗りたいと思います。

アジア各国では人気が高い北海道ですから、これからは観光北海道で

景気がよくなって、欲しいです。

コメントはまだありません | お知らせ / 葛巻 英芳

冬至と南瓜

2012/12/21


PC200876

冬至にはかぼちゃやこんにゃくを食べて柚子湯に入る習慣があります。
冬至にかぼちゃを食べるのには、中風(脳卒中)や風邪を引かないとか金運を祈願する意味がある様です。冬至かぼちゃは朝のうちに食べるとよいとか、四つ前(午前10時)に食べるとよいという地域もあります。「冬至にかぼちゃ」は現代的に解釈すると、緑黄色野菜の少ない冬にカロチンやビタミンの多く含まれるかぼちゃを食べ、風邪等への抵抗力をつけようとした先人の知恵だと言えます。南瓜には、体内でビタミンに変化するカロチンがたっぷり含まれ。ビタミンAは、肌をツヤツヤにし動脈硬化の予防になるだけでなく、皮膚や粘膜、視力、骨や歯にも効果大です。
かぼちゃを食べて風邪知らず!
昔の日本では冬至のころになると秋野菜の収穫も終わり、食べられる野菜もなくなり、元気に冬を越せる様に願いを込め栄養もあって保存もきく南瓜は特別大切にして食べていたようですね。なぜ金運がよくなるかはあまり記載が無くわかりませんが、南瓜は「南京」とも言いますが「なんきん」が「なり金」に通じるからかもしれません。(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

大雪で大変

2012/12/18


今年は、冬が早くやってきました。

例年に無く早い根雪になりました。

お天気予報士のMさんの話だと札幌は平年の4倍、積雪80㎝を越えたとか!

昨冬の岩見沢を思い出します。

賃貸の巡回除雪やロードヒーティングの状態の確認で悪戦苦闘中です。

今年はどんな冬になるのでしょうか。今から心配です。!!

 

コメントはまだありません | 中嶋 聰

11月初めから開始した社屋改築工事の12月18日現在の状況です。

 

地下車庫へのスロープ及び風除室を北側からの出入口を塞ぎ東側からアプローチ出来るようにしました。

 

今週末で工事完了ですが、関係者の方々のご協力により無事、引渡ができそうです。

 

 

DSCF5414 DSCF5448

DSCF5561 DSCF5559

コメントはまだありません | 小林 淳

冬はやっぱり

2012/12/18


今冬は、外に出るのが億劫になるような雪や寒さが続いています。

街では、ホワイトイルミネーションなど札幌の冬のイベントが行われていますが、

こんな時期は、★暖かい部屋で★のんびり★冷たいミカン★なんていいですよね。。

と思っていましたら、当社で管理させていただいておりますマンションのオーナー

M様から、愛媛県西宇和産のミカンをいただきました。

西宇和ミカンは、最近、クレヨンしんちゃんのCMでおなじみですよね。

社員皆で、おいしくいただきました。 いつもありがとうございます m(_ _)m

味ピカ!!でした。

ミカンimg_top

ミカンには、ビタミンC、βカロチン、クリプトキサンチンなどが豊富に含まれており、

風邪やガンの予防、コレステロールを取り除く効果もあるそうですから、

毎日2個(成人1日のビタミンC摂取量)食べて、寒い冬を元気で乗り切りましょう!

コメントはまだありません | 境 史恵

bag001f5867

いつもと同じ通勤電車の中。
車窓の向こう側では、昨夜から降りしきっていた雪も止み、遠く望む手稲山の稜線が弱々しい冬の陽射しを受けて白く輝いている。
気を許すと吸い込まれてしまいそうな透き通った空の藍さが、今朝の寒さを一層際立たせている。
山紫水明が目に優しく、愛でるものの心を和ませる。
なんと清々しい朝なのだろう・・
今日の電車は、休み明けの朝ということもあってか、いつもより込み気味でつり革にぶら下がる人も目立つ。
乗車してから何駅か過ぎた頃か、突然背中に大きな衝撃を受ける。かなりの痛さである。
驚いて振り向いてみると、リュックサックを担いだ女子高生が二人、私の後ろを通り抜けようとしている。
二人とも、誠に大きなリュックである。
おまけに小さな縫い包みほどもありそうな巨大なホルダーまでぶら下がっている。(本当は縫い包みだったのかもしれない)
なにか蟹が餌を引きずりながら歩いているような滑稽さである。
「こんなに混んだ電車で、リュックを担いだままで、通り抜けられわけがないだろう」
そんな周りの思いにはお構いなしに、女子高生たちは巨大なリュックを乗客たちに激突させながら奥へ奥へと突き進んでいく。
あまつさえ、ついでと言わんばかりに、しなった吊り紐で加速のついた巨大ホルダーまでもぶつけていく。

痛さで乗客の顔がゆがむ。
お前たち、そうまでしていったい何処まで行こういうのだね。思わず、心の中でつぶやく。
「~子ちゃん、今日は混んでて進みづらいね」「うん、リュックに人が当たってきて、勘弁してほしいよ」
しれっと、言う。
自分の耳を疑いたくなる。何かの幻聴なのだろうか?
勘弁してほしいのは、明らかに「周り」である。
軽いめまいと嘔吐感に襲われながら周囲を見渡すと、他の乗客も皆、この傍若無人な物言いに度肝を抜かれ震撼している。
行雲流水、明鏡止水。何でも良いから心が落ち着きそうな言葉を呟いてみる。
お前たちのリュックには、いったい何が入っているのか。(たぶん教科書とか水筒)
そのでかくて重い凶器で、何人の罪なき人が痛さで顔を引きつらせたことか。
学校では、そんな教科書ではなく、もっと別のことを学んでほしい・・
こうして、天然なのか自己中なのか判別不能の女子高生を乗せた電車は、静かに終着駅のホームへと滑り込んでいった。

コメントはまだありません | 丸山 忠

ブログトップへ戻る次のページへ >