HOME > スタッフBlog > 2013スタッフブログ

最後の車検

2013/11/15


先日、愛車の6回目の車検を受けたが予想以上の修理費にガッカリ

13年で176,000Km走っていれば仕方ない所?

今迄、車検以外に修理したのはダイナモ交換位だから良しとするか

しかし、デフからのオイル漏れでパッキン材が440円で工賃が

18,500円、サイドブレーキ交換で17,000円高いか?

何もなければ90,000円(重量税が13年以上車は9,000円

高くなるのは知らなかった)で済んだのに。

後、2年乗った場合15年20万kmオーバー、10万km超えた

時20万km迄と考えていたのでこれが最後の車検に成りましたが

あと2年間大きな故障無く走って貰うのを祈るのみです。

コメントはまだありません | 山田 康晴

物件名:パークシティ18A・B棟

住 所:札幌市東区北18条東8丁目

用 途:共用住宅

構 造:車庫付木造2階建

主な改修工事内容:外壁2面防火サイディングから乾式タイルに貼替、ベースには専用金属パネルを使用耐久性に優れ剥

  1.                            離もなく、タイルの重厚で、気品のある外観がいつまでも保たれます。
  •                         :基礎2面石目調塗装吹付。

                        :階段室床、タイル貼り、及び防滑シート貼り。

                        :雪庇緩和金物取付。

 

《改修前》

 

RIMG0306RIMG0299RIMG0016RIMG0001RIMG0002

《改修後》

 

RIMG1303RIMG1310RIMG1309RIMG1311RIMG1314

コメントはまだありません | 八幡 豊

2近頃、木材業界で注目を集めているCLT(クロス・ラミナ・ティンバー)林野庁も国交省も、日本導入に関して積極的である。集成材と分類される製品で、張り合わせる板(ラミナ)の繊維方向を90度ずつずらせることで、縦横に強いマテリアルを5層以上にした分厚いパネル。既に海外では大流行しCLTを採用した5階建~10階建の建物も竣工している。製品特徴である「材料を選ばない」「辺材心材、節あり、なんでもあり」で木材利用の歩留りも上がる。建築資材としてもコンクリートより軽いし加工は容易。今後新工法の確立化で普及速度はかなり上がると思われます。日本製はまだつくられていないが、予想価格の安さに驚く。1立米2000円!高くても3000円位。現在の木材流通単価の1/20以下だ)^o^(

ただし、構造材CLTを採用した建物は、外装・内装とも防火仕様にすると石膏ボードかクロスか新建材等、木肌は見えなくなり木材使用感は無くなるが、組立に関しては、クレーンなどで大工労務費は削減される。
10月末に国内初の建築物が、高知県で着工する。CLTを床・壁に採用した3階建集合住宅、延べ床面積267.39㎡、2014年2月完成予定に注目したい。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

休日に何もする事が無く、思い立った様に壁紙の貼り換えに挑戦。

早速ホームセンターに行き材料確保。

クロス貼りは現場で良く職人さんの仕事をみて出来そうな感じだった為、段取り含め思い出しながら作業開始です。

 

2013-09-15 15.25.11

①まずは壁紙をはがす作業です。

②下準備としてクロスの裏面にのり付け。(10分放置)

③クロス貼り完了。

凹凸のあるクロスをアクセントにして壁一面のみのリニューアル、思いのほか仕上がりは良く満足です。

機会があったらチャレンジしてみてください。

 

※マンションの内装リニューアル工事も当社で行っておりますのでご相談下さい。

2013-09-15 19.15.192013-09-15 19.15.372013-09-15 19.03.35

コメントはまだありません | 下川原 巌

ついに…

2013/11/8


友達の知り合いの車屋さんにお願いして探してもらっていた車が見つかり、先日見に行ってきました。

前の車は約9年くらい乗っていて11月に車検が切れるのと、足回りから変な音が聞こえ直すのに結構費用が掛かるみたいなので、この機に中古車ですが、買い替える事にしました。

いろいろ条件を言っていたせいで見つかるまで約2ヶ月かかりましたが、とても気に入りました。

今はもう車検が切れてしまい代車です。前の車から代車に乗り換える時、約9年くらい乗っていたので悲しい気分になりましたが、次の車が来るのがとても楽しみです。自分のところに来るのは11月中旬頃になるそうです。IMG_1788IMG_2009IMG_4931IMG_8373

コメントはまだありません | 安田 佳司

415M6ZRF9KL._SS500_[1]

先日、あるTVドラマで数学者が出てきたのを見て、以前読んだ本で、数学者の藤原正彦氏と映画化された「博士の愛した数式」の著者である小川洋子さんが「数字は美しい」というテーマで対談したものをまとめた「世にも美しい数学入門」を思い出し、そこに書かれいた特別な数の一部を紹介します。

先ず、「完全数」といわれるものですが、自分自身を除いた約数の和がその数になっている数、そして連続した自然数の和も同じ数になるというものです。

例えば、28、この28の約数は、1・2・4・7・14で、その約数の和が28になり、そして連続した自然数の和も1+2+3+4+5+6+7=28になります。ちなみに、往年のプロ野球選手で、不世出の天才左腕といわれた江夏投手の背番号がこの28だったのです。

完全数は、一桁では6(1+2+3)、三桁では496、四桁では8128しかなく、その次は八桁になり、現在までに48個まで証明されているそうです。

次に、「友愛数」ですが、2つの自然数において、それぞれ自分自身を除いた約数の和が互いに相手の数字となる特別な関係にある数のことです。

最初の友愛数は220と284です。

220→1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284

284→1+2+4+71+142=220

次の友愛数が、1184と1210になります。

この友愛数は、紀元前6世紀にピタゴラスによって発見されたのですが、滅多に存在しない貴重な組み合わせで、デカルトやフェルマーですら、一生かけて一組しか見つけられなかったということで、神の計らいを受けた絆で結ばれ合った数字だそうです。今はコンピューターの発達により、相当数の組み合わせが発見されいるそうです。

その他にも、各行を全部足した数とその逆転されたものをかけると元の数に戻るというものもあります。

1729→1+7+2+9=19→19×91=1729

81→8+1=9→9×9=81

仕事柄、数字と長年付き合ってますが、無機質で妥協を許さない数字に、このような秘密が隠されているなんて、ロマンチックであり、少し感動させられますよね。

コメントはまだありません | 永吉 浩二

中島公園の紅葉もまもなく終了です。だいぶ木々に隙間が増えてきて空色が多くなってきました。先週は雪虫も飛んでたことですし、もうすぐ町にも雪が降るのか。今年の雪はどうなのかな。前冬は雪が多くて大変でしたね。

DSC_0419DSC_0420

会社の近所にある花屋さんは、ショーウインドウのディスプレーが旬時に色々変わります。今日はハロウィーンなので、こんな感じになってました。少し恐いです。

DSC_0422DSC_0423

中島公園にも時折出没するキツネです。

DSC_0332DSC_0330

コメントはまだありません | 幸正 和典

8月中旬から10月中旬にかけて事務所ビルの改修と福祉施設の改修工事を行いました。

両現場共、工期が厳しく正直引渡しができるのか大変心配しましたが無事に各業者の方の協力もあり

引渡しを行うことができました。

 

※事務所ビル改修工事

RIMG0211IMG_0831

改修前 改修後

RIMG0215IMG_0836

改修前 改修後

RIMG0205IMG_0829

改修前 改修後

 

※福祉施設改修工事

1階廊下改修1階廊下改修後

改修前 改修後

 

待合い室改修待合い室改修後

改修前 改修後

1階診察室改修③1階診察室改修後⑤

改修前 改修後

 

1階診察室改修②レントゲン室改修後④

改修前 改修後

1階診察室改修①1階診察室改修後③

改修前 改修後

コメントはまだありません | 海野 修二

今年は、全国的に猛暑、大雨、台風など異常気象にみまわれ、大きな被害がありました。

北海道もスコールのような雨が降ったり、真夏から急に秋の気温になったりと、北海道らしい爽やかな季節がなかったような気がします。

やはりこれは、地球温暖化の影響でしょうか?

私も、省エネを心がけ、温室効果ガス減少に微力ながら貢献したいと思います。

先日、雨の晴れ間にみとれてしまうような大きな虹がかかっていました。

こんなきれいな地球と空を守らないとね!

IMG_0084

コメントはまだありません | 境 史恵

taifutaifu2

今回の台風26号は、日本各地に甚大な被害を与えました。
気象庁によると10年に1回の大きな勢力とのことです。
ですが、「東京都心では138年ぶりに最低気温の高さで記録を更新」、「10月なのに東京で30度超え、観測史上、最も遅い真夏日」などと、地球温暖化のせいで今までの記録や統計が通用しなくなった感のある今日この頃です。
日本近海では最近の海面温度が0.7~1.6℃上昇しているそうで、気象庁の言う10年に一度の台風も徐々に、5年に一度、3年に一度、毎年、年に何回も、と変わっていきそうで怖いものがあります。
私たちも将来の社会のために、自分の回りをもう一度見まわして、公共交通の使用や節電に努めなくてはなりませんね。

コメントはまだありません | 丸山 忠

< 前のページへブログトップへ戻る次のページへ >