HOME > スタッフBlog > 2013 > 2月 > 12スタッフブログ


先日、ある金融機関の1Fロビーで、『第15回小樽雪あかりの路』のチラシを配布していました。チラシを受け取り、小樽で雪とローソクの祭典が行われていることを初めて知ったので、興味をもち1度見てみようと思いました。

IMG_20130209_190915IMG_20130209_184118

小樽雪あかりの路は、平成11年より開催され、地元商店街、町内会、企業、

学校やボランティアなどの人達が支えています。

手宮線会場と運河会場がメイン会場となって市内46会場で行われており、近年は50万人の来場者数を記録しているそうです。

IMG_20130209_184706IMG_20130209_185110

IMG_20130209_191301IMG_20130209_185404

 

私が見に行った時は、札幌で雪祭りを開催されているせいか、海外の観光客の姿が多数見受けられました。歴史的な街並みの中に並べられた無数のキャンドルに

よって幻想的な雰囲気が演出されているのが人気が定着しつつあるそうです。

2月8日から17日までの夕方の17:00~21:00までの夜の時間帯で開催されています。とても、寒いので暖かい格好して見学しては、いかがですか。

携帯電話のカメラで撮影したので、写りは良くありませんが、

北海道を代表するイベントを紹介しました。

 

コメントはまだありません | 照井 一浩

ブログトップへ戻る