HOME > スタッフBlog > 2013 > 4月スタッフブログ

消防設備点検

2013/4/27


昨日、私の住んでいるMSの消防設備点検ありました。

毎年、春と秋の2回、しっかり実施します。

消防点検日は、普段気にしていない『ベランダの片付け』と『天井の掃除』、

『押入・物入内の片付け』をしなくてはならないため大変です。

今回は朝5時に起きて片付けました。 もう ヘトヘトです・・・

消防点検火報2火報1

・・・・・点検の様子です・・・・・・・・・・  差動式スポット型 ・・・・・・・・定温式スポット型・・・・・

 

ウチには 居室は 短時間の温度変化に発報する「作動式スポット感知器」、

UTや押入れには一定の温度以上になると発報する「定温式スポット感知器」と

2種類の感知器がついています。

これは、点検にきたお兄さんに教えてもらいました。 なるほど、納得です。

ちなみに、点検にかかる時間は「作動式」のほうがずっと短かかったです。

コメントはまだありません | 境 史恵

商業店舗にて、周辺に樹木が大量に植わっているため、落ち葉が排水溝に大量にたまり、屋根からの排水ができなくなり、大量の雨水があふれる事案の対策を依頼された現場です。

排水溝に合わせた金物を制作し、取り外し可能な内容で取り付け工事をした現場です。

 

 

IMG_0750

屋根部の下にくぐらせての取り付けですので、苦労しました。

これで、排水溝には枯葉は入りません。

ただ、時々、枯葉の除去は、店舗の皆様にお願いしました。

 

IMG_0752

猫今日の猫です・・・春なので、寝てばかりですスマイル

 

__

コメントはまだありません | 中村 諭樹彦

賃貸マンション新築工事の4月26日現在の現場状況写真です。

  前回のブログからちょうど1ヶ月後になります。

  基礎の工事が無事に終わり1階躯体のスラブ型枠工事中です。

  現在、無事故・無災害、工程も順調に進んでいますので、今後もこのまま維持していけるように、

  職員、各職方で協力して工事を進めて行きたいと思います。

 

DSCF6010     DSCF6011

コメントはまだありません | 小林 淳

CIMG5077CIMG5080

 

ほとんどの雪も融け、穏やかな春の陽気になりました。
篠路神社の境内にも桜の木が何本かあり、毎年奇麗な花を咲かせ、近隣の私たちの目を楽しませてくれます。
今年も、少しずつですが桜の蕾がふくらんできています。
ゴールデンウィーク後半ごろの開花を心待ちにしています。

コメントはまだありません | 丸山 忠

CIMG2242CIMG2228日本一のきび団子

CIMG2244CIMG2231谷田製菓の工場ですCIMG2247CIMG2239

CIMG2238CIMG2230

CIMG2248CIMG2243大賑わい

栗山の老舗祭り、無料試食、試飲、工場見学で大賑わいでした。

日本一のきび団子で有名な谷田製菓、北の錦で有名な小林酒造、最近はファイターズ監督の栗山秀樹の名前そのままをとったお酒もありました。

この時期、花見にはまだ早いしというところで町内はもちろん札幌からも大勢来ていました。

栗山新発見です。

コメントはまだありません | 中嶋 聰

3月25日よりスタートしましたトイレ改修工事が4/17にて無事に完了しました。

入口大きくしました。

DSC00102

身障者用WC作りました。

DSC00103

男子トイレ手洗い新しいです。

DSC00098

和式から洋式便器に交換です。

DSC00100

照明LEDダウンライト取付

DSC00101

トイレ入口内明るくしました

DSC00105

施工期間がなく大変でしたが綺麗に仕上げる事ができました。

コメントはまだありません | 海野 修二

  3月24日、NHKの特別番組でアルプスの解けた氷河から発見された新石器時代のミイラこと「アイスマン」のその後の調査結果が報道された。

このミイラことアイスマン発見のニュースをかいつまんで説明すると、

   今から20数年程前、登山者の老夫婦がイタリアとオーストリアをまたがるアルプスの岩陰で、溶け出した氷河の表層からミイラ化した男性の遺体を発見し、それがニュースとして世界に流れ、世の人に知れることとなったのである。

   発見されたミイラは、少なくとも、今から5000年ほど前の生きていた「新石器時代」の人間に間違いないらしく、衣服をまとい、非常食を携行し、山岳地帯で死亡していたことで耳目を浴びた。好奇心旺盛な私は、非常に興味を持って、この報道を注目した。

   しかし、このことは一回ぽっきり、そのことを伝えただけで、長年沈黙し、私自身もその後、どうなったのか、気かがりでいた。今回の特別番組は、その長年の沈黙を破るものであった。

発見されたミイラ「アイスマン」は、以後、冷凍保存されていたが、解凍し、解剖することとなり、学者たちの手によってあらゆる角度から分析され、その結果が公表されたものであった。

   ミイラには、お灸のツボの跡を示す刺青が残っていたという。死因は、背後から矢で射られ、瀕死の状態の中、石様のモノで右眼付近を殴打された結果の脳挫傷であった。また、胃内容物から、当時の主食とか調理方法まで明らかになった。興味津々の中身が報道されたが本書ではその一部だけを披露しておく。

   しかし、このアイスマンのひからびた口が5000年の時を越えて、真実を語ることはないであろう。現代科学での解剖結果に限界を感じた科学者らは、未来に更なる結果を託し、再び、冷凍保存されたことを伝え、番組は終えた。

   このミイラが発見された山岳は、三大文明発祥の地と全く異なる地である。このミイラは未来に何を語ってくれるのであろうか。

アイスマンの峠写真

 

※ アイスマンの発見された山岳地帯

コメントはまだありません | 村上 洋一

__ 1__ 2

__ 4__ 5

 

住宅街にある、古い民家を改造したレストランを発見しました!

地元の方々も利用しているようですが、以外にも芸能関係の方々が

お忍びで、利用しているようです。

姉妹店も街中にあり、ファンも多いようです。

最近、古い民家を改築していろんな形で再利用する事は、ある意味大切な事だと

思いますね!

コメントはまだありません | 石澤 健司

_小熊邸1__小熊邸2__小熊邸3_小熊邸7___小熊邸4__小熊邸5_

旧小熊邸は、昭和2年、北海道帝国大学農学部小熊博士邸として有名な建築家田上義也

によって建てられ、札幌市都市景観賞を受賞しています。

田上氏は、アメリカのF.L.ライトの弟子として知られ、作品に大きな影響を受けました。

旧小熊邸は、木造2階建で、南1条西20丁目から移築され、現在は藻岩山ロープーエイの隣に建てられており、喫茶店として再生されています。

休みの午後のひと時に、コーヒーは、こくと酸味の風味の強いキリマンジェロで、歴史と伝統があり、木のぬくもりが素晴らしい「ろいず珈琲館」で過ごされてはいかがでしょうか。タイムスリップして、昭和初期の雰囲気があなたを小説の主人公にしてくれますよ。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

先日、私の娘が余市に住んでいるので、遊びに行った折途中時間があったので、

ニッカウヰスキーの北海道工場に寄ってみました。

ニッカウヰスキー余市蒸留所 01ニッカウヰスキー余市蒸留所 02

 

私は、数年前に体を壊し、お酒をしばらく止めておりますので、ウイスキーには興味は

ありませんが、歴史的建造物(登録的有形文化財に認定)や製造行程やニッカの歴史を

知るため寄ってみました

ここ余市蒸溜所は1934年ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝により、ニッカウヰスキーの蒸溜所として建設されました。

ウイスキーづくりに大切なもの『清冽な水』『澄んだ空気』『冷涼で湿潤な気候』と

言われているように、鮎が踊る清流・余市川、大自然がそのままの余市岳、海の幸豊か

日本海に囲まれた自然豊かな町・余市に建設したそうです。

ニッカウヰスキー余市蒸留所 03ニッカウヰスキー余市蒸留所 10

 

ニッカウヰスキー余市蒸溜所 09ニッカウヰスキー余市蒸溜所 13

 

余市蒸溜所は世界でもまれな石炭直火蒸溜で、この製法が、力強く、熟した果実の

ような香りのモルトウイスキーをつくるそうです。

そして、貯蔵庫の床土間敷きのままで、温度、湿度の変化がおこりにくく、ゆっくりと

熟成そせるのに適しているからです。

施設内には、ウイスキー博物館があり、『ブラックニッカ』のラベルに描かれている

キャラクターは、ウイスキーのを香りききわけることができるブレンドの名人

キング・オブ・ブレンダーズを展示していて、創業から現在までの軌跡を数多くの展示

品や映像で紹介しています。ぜひ、積丹方面に外出された時には、寄ってはいかがでしょうか。

 

ニッカウヰスキー余市蒸溜所 23ニッカウヰスキー余市蒸溜所 25

ニッカウヰスキー余市蒸溜所 27ニッカウヰスキー余市蒸溜所 28

 

コメントはまだありません | お知らせ / 照井 一浩

ブログトップへ戻る次のページへ >