HOME > スタッフBlog > 2014スタッフブログ


3174455

最近は、自転車の歩行者に対する事故が増えてきているようです。
自転車はスピードが出る分、歩行者にとってはかなり危険な乗り物なのは確かだと思います。
数日前も私の前を歩いていた老夫婦が、2台で並走してきた学生の自転車にベルを鳴らされて、蹴散らされるように歩道わきへ追いやられていました。
歩道は歩行者優先なのです。
何よりも、お年寄りや子供などの弱者はもっと労わらなければなりません。
ちなみに、自転車には以下のような法規があるようです。
ルールは守りましょうね。

(ベルの使用の制限)
道路標識に従ってベルを鳴らす場合と、危険を防止するためにやむを得ずベルを鳴らす場合以外には、ベルを鳴らしてはならない。例えば、前方の自転車や歩行者に進路を譲らせるためにベルを鳴らせば、警音器使用制限違反に該当することとなる。

(並進)
学生が自転車で並走しながら下校している光景はどこでも見かけるが、「並走可能」の指定がある道路以外では2台以上横並びで走行することはできない(道路交通法19条)。
また、たとえ並走可能な道路であっても、3台以上で並走することは許されない。
違反者は 2万円以下の罰金または科料に処される(道路交通法121条1項5号)。

コメントはまだありません | 丸山 忠

洞爺湖に行った際、きつつきカナディアン倶楽部で昼食です。

特製のタレで伊達産「黄金豚(とん)」を 2日間 じっくり煮込んだ自慢の一品だそうです。

やわとろ」と言われる煮込んだ豚肉の食感がおいしかったです!!
豚肉のあぶらも全然しつこくなく、タレもおいしくてご飯もすすみました。

 

 

red2set

 

※黄金豚はホエーを与えた北海道伊達生まれのホエー豚だそうです。

お店の外観と内装です。

 

 

__ 1__ 2__ 3

 

__ 4

 

猫ねこ日記猫

寒くなるとこうなります。

__ 3__ 2

重いな~と言ってます。

__ 4

コメントはまだありません | 中村 諭樹彦

サービス付き高齢者向け住宅他新築工事の10月21日の現場状況写真です。

 

8月末に着工、現在鉄骨建方を行っています。

 

今日現在、無事故・無災害、工程も順調に進んでいます。

 

これから、厳しい季節になりますが3月の竣工に向けて安全に工事を進めていきたいと思います。

 

DSCF7811          DSCF7815

コメントはまだありません | 小林 淳

DSCN2657DSCN2717DSCN2671DSCN2718

札幌ガス株式会社様の事務所と賃貸マンション4戸がまもなく完成致します。

賃貸は2階3階の3LDK4戸です。(78㎡~87㎡)賃貸マンションとしてはかなり

広い作りです。

地下鉄とJRが利用でき徒歩8分いないと利便性も高く、大型スーパーもすぐそばです。

マンションの仕様設備も、札幌ガス様の最新の設備を導入しています。

募集を今月から開始致しましたが既に3戸申込が入り、人気のマンションです。

11月1日からの入居開始までに満室に出来るよう営業中です。

 

コメントはまだありません | 中嶋 聰

  地震予知連の看板

兎に角、変だ、気象庁。今回の木曽の御嶽山における突然の噴火。ひどい人災に発展した。定番の記者会見。予知連の会長と称する方。れっきとした会長だから、権威も権限もある方なのだろう。この種の火山爆発k予知は不可能だ、無理だったと居直った?。

自らの安全は自らで守って欲しいと言う。火山に近寄らないで…、ヘルメットをかぶって…。自衛が必要なんだというんですね…。

でも、数日前から火山性の地震が断続的に続き、ピタッとおさまった状況があるというのではないか。こうした異常の状況を読み取る能力までもないのかな。

火山近くに住む古老の中に、ホームドクターと呼ばれる予言者がいるとか。山の音、臭い、山の色で異常を見抜くことのできる能力があるらしい。10数年前の北海道有珠山の噴火は、それを予知した古老により人災を免れたと言われる。

予知連は補助金なりの税金が投入されている。東北大震災の時も「想定外」の言葉が飛び交い、ひんしゅくを買ったことがある。

医者は病原を探索する能力、弁護士は法的問題点の探索と組立能力、マスコミは事実の探索能力が問われる。

予知連は、当然に地震や噴火の予知能力が問われる。オオカミ少年になってもよい位の危機回避の情報を国民に提供する義務もあるのだ。

データばかりでなく、人間らしい感性も加えていたら、「おかしいので、気をつけて…」程度の警報が出せたのかもしれない。

予知連の看板を外したらよい。

 

磐梯山写真産経

d上記写真は、産経新聞の公開写真集から引用させて頂きました。

コメントはまだありません | 村上 洋一

婚姻届

2014/10/6


先月末に、北区役所に婚姻届を貰いに行ってきました。

日曜日だったので、管理人室に行って貰らってきたのですが、管理人さんが良い人で

婚姻届の書き間違いのないよう丁寧に教えて頂き、間違えた時ように2部婚姻届の用紙を頂きました。

早速帰って間違いなく書き終え友達夫婦に証人欄のところを書いてもらい

次の日平成26年9月29日(月)午後10時04分に提出し無事受理されました。

何月何日にしようか考えていたのですが、特に良い記念日とかが無く軽く調べていたら

9月29日は「招き猫の日」で福来たるだそうです。

IMG_1565

コメントはまだありません | 安田 佳司

本当ですか?

2014/10/3


image

記事を見た方も居るかも知れませんが

信じられない工期です。しかし数日後の

記事では中国政府の許認可が下りずプロ

ジェクトは頓挫した模様です。ですがこ

の記事の下りに30階|ホテルを15日

間で建設した実績があるそうです。

災害復興持に参考にしたいものです。

コメントはまだありません | 入江 秀美

秋7__ 3秋8__ 4秋6__ 2

秋1__秋2__秋4__秋3__

秋到来により、新そばをはじめ、沢山のおいしいものが続々登場です。もうご賞味されましたか。

新そばをご近所に、お注分けしていると「釧路直送のさんま」や「取れたてとうきび」が次々とお注分けされました。お初のものは、大変おいしいのです。

我が家の恒例行事の一つに、生すじこを買い「いくらの醤油漬け」を作ることです。お湯は使わず、醤油とお酒だけで、造ります。割合は、ひ・み・つですが、一番夫婦で「おいしい」と思った時の割合です。

この時期にしか無い、旬なものを頂くありがたさは、自然の恵みに感謝です。

旬をごゆっくり、味わってはいかがでしょうか。

 

コメントはまだありません | 志摩 辰也

最近、腰痛の為長距離運転を控え300km程度の近場ドライブしか出来ず少し苛々を我慢しておりますが、「空知エリア」を楽しんでおります。書家辻井京雲氏ギャラリー「墨響」道の駅・田園の里うりゅう到着!!日本を代表する書家辻井京雲氏のギャラリー「墨響」を見学する。ギャラリー町立常設展示室が有り定期的に作品の入替えが予定されている様です。
辻井京雲史氏は雨竜町出身。創玄展大賞、毎日展準大賞など数多くの賞を受賞。北海道教育大学教授、北海道書道展理事、 ロンドン大学客員講師などの要職を務められています。パリ開催の「現代日本の書 代表作家パリ展 SHO2」では出品作がポスターに採用。会場は無料で観覧する事が出来ます。入口ドアに描かれた赤文字は開放しの為がしっかり見ることが出来ず残念でしたが、新作・未発表作品約20点程が展示されております。入口付近の日高産木材に木彫で刻字された篆書の青文字「龍」と白文字「虎」は美しいデス。そして圧倒的存在感を感じた、正面奥壁に4mx3m大作「誰だ花園を荒らす者は(中村武羅夫詩)」墨の陰影と文字の厚み動きが見ていても楽しいデス。墨濃淡墨や筆の躍動感など迫力あふれる「墨の響き」是非一度鑑賞ください(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

美瑛町

2014/9/26


先月、金融機関の日帰り旅行に参加しまして、美瑛町の『青い池』を見学して来ました。

青い池は、昭和63年12月に十勝岳が噴火後、火山泥流を貯める施設として、コンクリートブロックによるえん堤を作った結果、ブロックのえん堤に水が溜まり、いつの頃からか、『青い池』とよばれるようになったそうです。

水が青く見える原因については、水質調査をしたそうですが、明確な原因については解明されてはおらず、自然現象から生まれた神秘的な場所でした。

DSCN1335DSCN1344

 

また、昨年も、美瑛町の国道237号線の西側のエリアに、『パッチワークの道』と呼ばれるエリアがあり用事で近くまできたので途中、よってきました。

『ケンとメリーのポプラ』『セブンスターの木』『マイルドセブンの丘』『親子の木』

などの有名ポイントを見学し、絵になるような風景で

 

 

 

ケンとメリーの木 01(H25.08.10) (3)セブンスターの木 03(H25.08.10)

 

美瑛町(H25.08.10) (33)美瑛町(H25.08.10) (48)

 

高校卒業まで、阿寒町で過ごしてきたせいか、なつなしい風景を見ることができました。

生まれて五十数年たちましたが、まだ、まだ知らない地域がありますね。

 

 

美瑛の丘 02(H25.08.10)  (6)美瑛の丘 02(H25.08.10)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません | お知らせ / 照井 一浩

< 前のページへブログトップへ戻る次のページへ >