HOME > スタッフBlog > 2014 > 2月スタッフブログ


     公共・民間共に辞退するケ-ス多くなっています。

① 秋田市新庁舎建設工事 110億7155万円 参加申し込みなし

② 武蔵野の森総合スポ-ツ施設 96億9095万円 4JV辞退

③ 同上のプ-ル棟 70億9276万円 3JV辞退

④ 豊洲新市場 628億 3棟 3JV不調

東京都の豊洲新市場がすごい事になってます。

青果棟 160億から259億にアップ

水産仲卸棟 260億から436億にアップ

水産卸売場 208億から340億にアップ

JV会社とヒアリングを実施し、労務費や資材価格を実勢に

合わせるように、したそうです。

2013年11月に不調になり

2014年2月13日に再入札

407億円率にして6割超です。鹿島JV・清水JV・大成JV

日本のス-パ-ゼネコンが落札したのでしょうか?

確認はしていませんが、すごい時代になりましたね

東京オリンピックまで続くのでしょうか?

今後、建設業も変化して行くのでは、考えさせられました。

 

 

コメントはまだありません | 葛巻 英芳

 

2014-02-15 19.50.25

 

少し前の話で恐縮ですが

なんだかんだ

毎年、小樽雪あかりへ

札幌ゆきまつりも

盛大で良いのですが

なんだかんだで

この時期は

小樽に足が向いてしまいます

きっと来年も

小樽へ行くことになるでしょう

 

コメントはまだありません | 廣田 真也

今年4月から消費税が8%にUP。。円安の影響で原油価格の高騰。。大雪の影響で野菜の価格上昇と。。

春のポカポカ陽気とは裏腹におサイフは真冬です。

 

何か節約できることはないかな~と、気を付けてみるといろいろありました。

たとえば、読み終わった不要な本5冊(文庫は10冊)とコーヒー豆50gに交換してくれるお店

(昔よく行った4プラの自由市場です)

ブックカフェ本10冊コーヒー豆

ランチを500円で食べられる本(ランチパスポート)

土日使えないお店が多いのが ちょっと不満ですが。。新しいお店を開拓できるのは楽しみです。

ランパス

札幌市でも節電支援のため、昨年のLED照明に続き、今年は省エネ型冷蔵庫買替のキャンペーンを実施するようです。省エネ基準3つ星以上+50000円以上の冷蔵庫を購入し、市に申請すると5000円のサピカがもらえるそうです。

ウチはもう少し古い冷蔵庫で頑張りますが、ちょうど買替時期のお宅は申請してみては、いかがでしょうか?

コメントはまだありません | 境 史恵

豊平区平岸3条4丁目にあります自社賃貸アルコン平岸3・4(101号室)の内装RFが完了しました。

 

RF内容は、壁・天井のクロスを全て貼替えして流し台も新規で取付交換しました。ガスストーブも新しいです。

 

全体的に綺麗に仕上がっていると思いますので、是非ご見学を・・・・。

 

2014-02-20 13.15.142014-02-20 13.15.31

2014-02-20 13.19.522014-02-20 13.15.59

2014-02-20 13.19.522014-02-20 13.20.06

2014-02-20 13.15.452014-02-20 13.16.13

2014-02-20 13.16.32

コメントはまだありません | 海野 修二

01248-450x337

先週、先々週と西日本や東日本では大雪となり、集落の孤立や交通機関の混乱が続きました。
雪の重みに耐えかねた家屋の倒壊等で命を落とす、いたましい事故も何件かありました。
テレビでは、もっともらしい解説者が声高にインフラ整備を訴えています。
ですが、はたして普段雪の降らない地域で巨額な予算を対策費として注ぎ込めるものでしょうか。
言ってなんぼのものというスタンスが透けて見える解説者の声が、とても虚しく響きました。
ただ、日頃から災害に対して、どう避難するかを考えておくのはいいことかも知れません。
私も、色々な災害が起こることを想定して、自宅での避難経路や避難場所を家族で相談しておこうと思います。

コメントはまだありません | 丸山 忠

今年は、例年になく雪の降り方が変わってきているせいで、雪庇に関する対処の依頼と相談が増えています。

例年雪庇ができなかったところに雪庇が発生したり、ルーフヒーターを設置している個所に、ヒーターが間に合わず雪庇ができたりと、対処に追われる冬になっています。

1__

入居者や通行人、駐車場の車などへの被害が予想される事象ですので、対応が急がれます。

2__

そこで、春先工事で例年よりおおくご依頼いただいているのが、雪庇止めの設置工事です

imageimage

雪庇止めの設置現場写真です。

雪庇の落下による外壁や換気口等の破損も防げます。

毎年、雪庇に悩ませられているオーナー様は、ご検討なされてはいかがでしょうか。

ねこ日記猫

寒い季節は、寄り添って仲良しです。

3__

コメントはまだありません | 中村 諭樹彦

雪2__雪3__雪5__

雪8__雪9__雪11__

雪10__雪13__雪7__

第65回さっぽろ雪まつりが2/5から2/11まで一週間開催されております。

その中で、小さな写真展を見つけました。

「伊勢神話への旅」と題して写真で20枚ほどですが、大変一枚一枚に吸い寄せられる魅力がありました。

伊勢神宮は、平成25年10月に式年遷宮を行いました。20年に一度新殿に神様がお遷りになる「遷御の儀」を大々的に報道各社で報道されました。

ここは、三重県伊勢市にあり、市の1/4を領し、内宮は、2000年前に、外宮は、その後500年後に社殿は「唯一神明造」と呼ばれ、古代の米倉の形といわれております。

神々しい別世界、ここでは、毎日が神話です。

雪まつりのついでに、ぜひご覧ください。ちいさな写真展に感動がまっております。

コメントはまだありません | 志摩 辰也

食品大手「Мホールディングス」の子会社「A」群馬工場(群馬県大泉町)の農薬混入事件で、同工場の契約社員が偽計業務妨害容疑で逮捕された。

このことで、本社と子会社の社長が引責辞任すると表明した。

従業員が捕まったので引責辞任する意味は分かるが、なぜ、3月末なのか。この表明をもって、私自身は感ずることがあり、同社の対応すべてに問題が多すぎると思った。その問題とは、

農薬混入が疑われてから発表まで、1ヶ月半も経過したのは、問題ないと思ったのだろうか。その後、相談電話を開設したが、電話がつながらないのは回線を多くすれば相談が増えることを危惧したからなのだろうか。

監督官庁に状況説明に赴いたものの、担当大臣から立ったままの姿勢で叱責を受けたのは、大臣に会社の姿勢を見抜かれていたからなのではないだろうか。

これだけでない。

容疑者逮捕後に会社の幹部が記者会見した。その幹部は、容疑者の行状に関し、得意げに「同僚の面倒見も良い、優秀な従業員だ。不満はない。真面目に働いていた。」などと称賛した。さも、この従業員のことは何でも知っているような様子であった。

ところが、取材に応じた匿名の従業員は容疑者について、兎に角、給料が低いとか、福利厚生面などで普段から不満の多い人物であったと評した。

会社幹部と相反する人物評価であり、容疑者の報道写真を見る限り、風体が尋常ではなく、異様な人に写り、同僚の説明に納得することができた。

この会社は危機管理の何かを全く理解していなかったのではないか。

危機管理とは、そもそもがダメージコントロールでる。人間社会だから、ヒューマンエラーは必ず生じる。その被害を最小限度にくいとめるのが会社経営者の義務である。時には、最悪の事態を想定し、悲観的に準備して、まとめていかなければならない。この会社はなぜ、最悪の事態に発展することを想定出来なかったのだろうか。

早急な対策を講じなければ、この会社は確実に消費者から見放されることになるかもしれない。その対策は、一刻も早い人心の一新である。

コメントはまだありません | 村上 洋一

新しい家族

2014/2/3


我が家に新しい家族が増えました。

トイプードル(♂)・・・『そら』くん

12月10日生まれの赤ちゃんで、毛色はグレー色(将来?)です。

まだ、全体に黒色で(熊?)みたいですが可愛いです。

これから体がどんな色に変わるか楽しみです。

体がすごく小さいので、『はな』ちゃん(2月7日で1才)が、大きく見えます。

とにかく元気に育ってほしいです。

家に帰る楽しみがまたひとつ増えました。

2014-02-02 21.39.412014-02-02 22.06.57

コメントはまだありません | 鈴木 辰彦

この度、小保方晴子博士を研究リーダーとする研究チームが万能細胞「STAP細胞」の開発に成功したことが話題になっています。若き女性研究者による生物学の常識を覆す画期的な発見と伝えられています。

彼女がその研究を着想した当初は、周囲の研究者からは間違いだとあしらわれたり、最初に米Nature誌に投稿した際には、何百年も続いてきた細胞生物学の歴史を愚弄していると酷評されたりして散々だったそうですが、それでも諦めずに6年がかりで今回の成果を出したそうです。まさに、彼女の努力の結晶が今回の成果に繋がったのでしょう。

発明家のエジソンは、1万回以上の失敗の末に白熱電球を完成させたといわれています。「天才は1%のひらめきと99%の汗」という彼の名言にあるように、大抵の失敗は、あともう少しだけ踏みとどまるか、もう少し努力していたなら、成功に転じていたかもしれないと努力の重要性を説いています。

京セラ名誉会長である稲盛和夫氏も「成功に至る近道などない。情熱を持ち続け、生真面目に地道な努力を続ける。この愚直な方法が成功をもたらす王道である。継続は力なり。一日一日少しずつでも努力を積み重ねていかなければ物事は成就しない。そのためには、熱意と執念と謙虚さによって集中力を高め続けることが重要である。」と云っています。

言葉では理解できますが、彼女は、それらを実践し実際に成果をあげたということで、何と非凡な女性なんだろうと感心するとともに、本当に素晴らしい女性だと思いました。

残念なことに、日本のマスコミは研究成果以外のことまで報道を過熱させ、研究所から研究活動に支障が出ていると苦情があったようです。彼女の研究を更に進めていくためにも、浮ついた報道はやめて欲しいと切に願うばかりです。

コメントはまだありません | 永吉 浩二

ブログトップへ戻る