HOME > スタッフBlog > 2014 > 9月スタッフブログ


秋7__ 3秋8__ 4秋6__ 2

秋1__秋2__秋4__秋3__

秋到来により、新そばをはじめ、沢山のおいしいものが続々登場です。もうご賞味されましたか。

新そばをご近所に、お注分けしていると「釧路直送のさんま」や「取れたてとうきび」が次々とお注分けされました。お初のものは、大変おいしいのです。

我が家の恒例行事の一つに、生すじこを買い「いくらの醤油漬け」を作ることです。お湯は使わず、醤油とお酒だけで、造ります。割合は、ひ・み・つですが、一番夫婦で「おいしい」と思った時の割合です。

この時期にしか無い、旬なものを頂くありがたさは、自然の恵みに感謝です。

旬をごゆっくり、味わってはいかがでしょうか。

 

コメントはまだありません | 志摩 辰也

最近、腰痛の為長距離運転を控え300km程度の近場ドライブしか出来ず少し苛々を我慢しておりますが、「空知エリア」を楽しんでおります。書家辻井京雲氏ギャラリー「墨響」道の駅・田園の里うりゅう到着!!日本を代表する書家辻井京雲氏のギャラリー「墨響」を見学する。ギャラリー町立常設展示室が有り定期的に作品の入替えが予定されている様です。
辻井京雲史氏は雨竜町出身。創玄展大賞、毎日展準大賞など数多くの賞を受賞。北海道教育大学教授、北海道書道展理事、 ロンドン大学客員講師などの要職を務められています。パリ開催の「現代日本の書 代表作家パリ展 SHO2」では出品作がポスターに採用。会場は無料で観覧する事が出来ます。入口ドアに描かれた赤文字は開放しの為がしっかり見ることが出来ず残念でしたが、新作・未発表作品約20点程が展示されております。入口付近の日高産木材に木彫で刻字された篆書の青文字「龍」と白文字「虎」は美しいデス。そして圧倒的存在感を感じた、正面奥壁に4mx3m大作「誰だ花園を荒らす者は(中村武羅夫詩)」墨の陰影と文字の厚み動きが見ていても楽しいデス。墨濃淡墨や筆の躍動感など迫力あふれる「墨の響き」是非一度鑑賞ください(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治

美瑛町

2014/9/26


先月、金融機関の日帰り旅行に参加しまして、美瑛町の『青い池』を見学して来ました。

青い池は、昭和63年12月に十勝岳が噴火後、火山泥流を貯める施設として、コンクリートブロックによるえん堤を作った結果、ブロックのえん堤に水が溜まり、いつの頃からか、『青い池』とよばれるようになったそうです。

水が青く見える原因については、水質調査をしたそうですが、明確な原因については解明されてはおらず、自然現象から生まれた神秘的な場所でした。

DSCN1335DSCN1344

 

また、昨年も、美瑛町の国道237号線の西側のエリアに、『パッチワークの道』と呼ばれるエリアがあり用事で近くまできたので途中、よってきました。

『ケンとメリーのポプラ』『セブンスターの木』『マイルドセブンの丘』『親子の木』

などの有名ポイントを見学し、絵になるような風景で

 

 

 

ケンとメリーの木 01(H25.08.10) (3)セブンスターの木 03(H25.08.10)

 

美瑛町(H25.08.10) (33)美瑛町(H25.08.10) (48)

 

高校卒業まで、阿寒町で過ごしてきたせいか、なつなしい風景を見ることができました。

生まれて五十数年たちましたが、まだ、まだ知らない地域がありますね。

 

 

美瑛の丘 02(H25.08.10)  (6)美瑛の丘 02(H25.08.10)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません | お知らせ / 照井 一浩

コスモス

2014/9/24


コスモスを見に「滝野すずらん公園」に行って来ました。

この間の大雨で渓流のエリアは入れませんでしたが、それ以外は大丈夫でした。

天気も良くて気持ち良かったです。

これからは紅葉の季節、楽しみです。(熊は気になりますけど・・・・)

CIMG2493CIMG2495CIMG2497CIMG2500CIMG2503CIMG2504CIMG2506CIMG2507CIMG2508CIMG2509CIMG2515CIMG2518CIMG2525CIMG2526

コメントはまだありません | 岸 照樹

鰊御殿見学

2014/9/22


2014-09-15 15.03.352014-09-15 15.04.01

小平町の鰊御殿見学、この手の木造建築は好きで良く見に行く事がありますがやっぱりすごい!!

 

 

2014-09-15 15.11.062014-09-15 15.14.54

平屋建ての一部2階建て構造は複雑で現在では見ることの無い巨大な

梁が素晴らしいです。

約2億円をかけ移築したそうです。

 

 

 

2014-09-15 15.16.492014-09-15 15.17.13

当時の鰊漁で使った五分の一も模型も展示。

 

 

 

 

2014-09-15 15.21.44

コメントはまだありません | 下川原 巌

秋の便り

2014/9/22


昨日の朝7時30分に助手席に犬を乗せて1年振りに石狩新港東埠頭に向けて出発、8時10分着お目当ての石狩漁協直売店前には7―8台の駐車が有る、今年は例年以上に客が多い。

中に入るとやはり混雑している(店内は狭い)さっそく今年の石狩前浜産の鮭とご対面オス、メス各15本程度テーブル上に、昨年以上に今年は胴腹が太く感じる。値段は平均オスが2,500円/1本・メスが3,500円/本

程度で例年と変わらず?

さっそく品定めをして胴腹の太いメスに決定、3、570円(税込)+捌き料

100円也、筋子が2,000円、身が1,500円、あらが150円程度

スーパーで買うのと比較すると消費税分が安い?

24日の夕食は、いくら丼と三平汁に決定ですネ

次の秋買い物は、鵡川のししゃもに決定済みです。

コメントはまだありません | 山田 康晴

ダメだったからといって、投げだしたり、逃げだしたりすると、やましさだけがモヤモヤと膨れるばかり。

これは本当の「あきらめる」ではありません。

「あきらめる」とは、目の前の現実を、明らかにして素直にすべてを受け入れる事なのです。

 

高校野球で数々のドラマが生まれのは、灼熱のグランドで球児たちが決してあきらめないからです。

テレビドラマ『半沢直樹』や『ルーズヴェルト・ゲーム』が面白いのは、主人公が決してあきらめないからです。

あきらめないから、観る人たちまでもを感動させるのです。

『ルーズヴェルト・ゲーム』は、このようなナレーションではじまります。

「これは倒産寸前にまで追い詰められた会社のなかで、必死にもがき奮闘し、最後のさいごまで、

ボールを追い続けた男たちの逆転につぐ物語である」

 

あきらめるな!

人世というドラマの主人公は、自分です!

 

最近、何事にもすぐあきらめてしまう事が常態化して来ている様な気がします。

時には、あきらめる事も大事です。が、粘り強く生きる事の方がもっと大事と思いました。

本を読んで心に少し響いたので紹介します。

コメントはまだありません | 高橋 実

小さな感動

2014/9/8


第37回少年軟式野球札幌選手権大会が、8月14日から16日の3日間で行われました。

麻生球場にて、開会式が行われ、我々ライオンズも厚別区代表として立派に行進をしてきました。

            ad632ab975a02f9cac1f2e81e342c223-416x277[1]

開会式終了後、場所を太陽球場に移動。

1回戦(14日) 金山ファイターズ戦

初回いきなり先頭打者にホームランを打たれ、どうなることと思いましたが、ライオンズの子供達の方が精神的にも

強く 3対2の逆転で勝利をおさめる事が出来ました。

2回戦(15日) ニュースターズ戦

このチームとは、春の選抜大会で一度対戦しており4対0で完封負けを喫しおり

子供達も気合い十分で望み見事 4対0でリベンジ勝利をおさめました。

3回戦(15日) 新川ファイヤーバード戦

1時間の休憩後3回戦

先制点をあげて勝っていたが、四球とエラーで逆点され最後まで追い上げたが1点及ばず3対4で敗北。

しかし、子供達にとっては貴重な経験、夏休みの良い思い出になったに違いありません。

負けて悔し涙を流していた子供達、その涙が成長につながります。

私自身もこの大会何とか1回戦を突破したいと考えていましたが、見事2勝し3回戦まで進む事ができ見事ベスト8となりました。

この2日間、子供達から多くの感動をもらいました。

 

感動といえば、先日行われた、全国高校軟式野球大会準決勝の 中京ー崇徳戦

いつもであれば、15秒ぐらいのニュースで終わるところなんと、決着するまでに4日かかりで、

しかも延長50回、10時間以上もの熱戦であった。

誰がこんな試合を予想したであろう。

両校のエースとも一人で投げ抜き、メンタルが非常に強い投手で、今後の人生に大いにプラスになる事であろう!

野球ファンでなくても、みんなが感動したに違いない!

コメントはまだありません | 中井 秀彰

DSC_0783DSC_0784

やっとサンダルを買いました。10数年間お世話になったサンダル。壊れてガムテープを巻いて履き続けていましたが、ふと目に止まったサンダルがあったので、悩み抜いた末に購入しました。このサンダル、履いてみると少しだけ重い。会社の階段の上り下りがしんどくなりました。体力増強に一役買いそうです。あと、猫背になる姿勢が気になっていたところ、背あてクッションを見つけました。S字カーブを維持するクッションとか。最近肩こりかと思うしびれがたまにあったので、使用してみると肩こりなくなりました。しかも、このクッション昼休み時のドーナツ枕になります。これが意外と気持ちよいです。首にも良さそう。猫背が常態化すると脊髄を圧迫するので、肩こり、腰痛、内臓圧迫になるそうです。気になる方はお試しを。

コメントはまだありません | 幸正 和典

ブログトップへ戻る