HOME > スタッフBlog > 2015 > 5月スタッフブログ

メンテナンス

2015/5/29


先週、春ヒラメ釣りのシーズンを迎え一年振りに道具の準備をする事にしたが、ショックな事にヒラメ釣り用の電動リールが2個共に不具合が有り

1台めはドラックが動かない、塩咬みが原因と思い45度程度のお湯に1時間付けを3度行なったがビク共しない。2台めはリールの巻き込み部品が無い状況、仕方なく釣り道具店に1台目の塩咬みは単純な塩咬みで無く中で錆

ついている可能性が高くメーカー修理が必要で修理期間は1か月以上掛かる

2台目はメーカー部品取り寄せ必要でやはり1か月掛かる。修理金額は2台

の修理金額とラインの巻き直しで18,000円程度の出費が必要。

例年だと冬期間に釣り道具のメンテナンスを行っていたが今年は諸事情があり出来ない状況で有ったが、道具も人間の体と一緒でシーズンの始まり前と

終了事にはメンテナンスが必要ですネ。

自分も昨日、退院後の2か月検診が有りましたが特に問題無し(あったら大変)。今後も体も道具も動く内はメンテナンスをしっかり行い大切に使う事

にします。

 

コメントはまだありません | 山田 康晴

久々のふらの

2015/5/20


偶然、家族全員の休みが重なった為ふらのへ出発。

いつもは北の国から巡りがほとんどでしたが今回は普段行かない所を見学。

2015-05-17 11.11.292015-05-17 11.55.03

富良野駅前のオムカレーを食べた後、ワイン工場、チーズ工房、ニングルテラスを満喫。

以外におすすめはニングルテラス、自然がいいです。

2015-05-17 13.51.462015-05-17 13.53.022015-05-17 14.00.032015-05-17 14.25.08

敷地内には沢水が流れエゾリスにも遭遇、オススメ。

ちなみに(ニングル)とは寿命が250年ほどの小人?・妖精?のようです。

又、ラベンダーやメロンの時期も今から楽しみです。

 

コメントはまだありません | 下川原 巌

雑草の季節

2015/5/15


あっという間に桜も終わってしまい、今はライラックが咲いていますね。今年の春は早い。雑草も茂ってきました。雑草が茂ると虫も出てくるので、早めに各賃貸物件の対策をしています。今年はアリやわらじ虫の活動も早めですよ。

IMG_9553

さて、先般友人から変わった韓国焼酎をいただきました。素焼きの瓶を木槌で割ると中から焼酎のボトルが出てきます。なかなか面白い。これをストレートでいただきます。辛口なのでどんな食べ物とも合いますよ。

DSC_0135DSC_0136

コメントはまだありません | 幸正 和典

 

最近、我が家に妙な奴がやって来ました。

見た瞬間、椅子かと思いきや、なんと、なんと楽器!

誰がこんな物を?

PAP_0003

誰がみても椅子にしか見えません。

スペイン語で「箱」という意味の楽器『カホン』というそうです。

起源は,19世紀の植民地時代にアフリカから南米に奴隷

として連れて来られた黒人達が奴隷主から打楽器の使用

禁じられたため、太鼓の代わりに荷物運搬用の木箱や家具

引き出しなどをひっくり返して太鼓のように叩くようになった事

からと言われているそうです。

SH3I0002

こんな感じでやるみたいです。

リズム感ゼロの私には、全く似合わない!

 

コメントはまだありません | 中井 秀彰

さ く ら

2015/5/9


今年のさくらの開花

とても早くて驚きました

写真は南5条西20丁目付近

意外ときれいな通りでした

車で見に来ている人もいました

2015-05-04 17.30.03

来年は晴れた日に見に来ようと思います

コメントはまだありません | 廣田 真也

先日、北海道日本ハムファイターズSCO(スポーツ・コミュニティー・オフィサー)の稲葉篤紀氏の講演を聴いてきました。

彼は、ヤクルト在籍当時の野村克也監督に、あれほどの努力家はいないと言わしめた練習の虫だったそうで、プロ20年で球史に刻んだあまたの記録の中で、自ら誇るのは、2千本安打ではなく、138の死球だそうです。内角打ちの名手が逃げずに踏み込んだ証なのだそうです。

現在は、自分を応援し、育ててくれた第二の故郷である北海道への恩返しのために、札幌に自宅を構え、北海道をスポーツ王国にすることを目標に、スポーツと生活が近くにある社会の実現に寄与すべく奔走されています。

その講演の中で、印象に残ったのが、野村監督に教わったという「小事が大事を生む」という言葉です。大きな目標を実現しようと思うなら、小さなことを怠ってはいけない。一流の人ほど、どんなに些細なことでも確認を怠らず、小さなこと細かなことに気づくものである。要は、当たり前の事、小さな事を愚直に確実に積み重ねて実践していくことが大事だと改めて認識させられました。

ちなみに、札幌ドームでの稲葉ジャンプは、震度3の地震に相当するそうで、ドーム自体は震度6強に耐えうる耐震性能を備えており、免震ゴムはブリヂストン製だそうです。

コメントはまだありません | 永吉 浩二

ブログトップへ戻る