HOME > スタッフBlog > 2015 > 6月 > 25スタッフブログ


                        stockfoto_26699154_M1.jpg

太陽光パネルの寿命は約25年ということでこれらの処分の方法は現在大半が埋め立てられてるということですパネルに含まれる鉛などの有害物質による環境汚染が懸念されています。もちろんリサイクル方法はこれから指針が作られるのでしょう。

ちなみに、耐用年数が過ぎる排出数は2015年度 2400トン、30年度 2万8千トン、40年度 77万トン相当な量です。同年の埋立処分されるごみの量の6%を占めるようです。将来処分するにも費用が掛かりそうですね。

コメントはまだありません | お知らせ / 入江 秀美

ブログトップへ戻る