HOME > スタッフBlog > 2015 > 7月 > 31スタッフブログ

主治医

2015/7/31


昨年12月から呼吸器科に通院しているが如何せん担当医師との相性が良く

無い(入院中から)、若干ストレスが溜っていた所元々通院していた消化器科のケア認定看護師から半年間以上ケア受診がないので今月受診する様に連絡が有り、久し振りに行くと消化器科の担当医が診察を抜けて受診室に顔を出してくれ呼吸器科は1年間の通院で終れば又、消化器科に戻ってくる事に成りますと。信頼している医師に言われて気が楽になります(釣り談義が多い)

この医師は系列病院に検査入院いている時から病室に夜、様子を見に来たり

呼吸器科に入院した時も、入院前日に看護師長から希望の病室が取れないとの連絡が有ったが入院事には希望通りの病室でした。

聞くと看護師長は昨年迄この医師の直括看護師長をしてそうです。

当然、その医者が夜病室に来てくれ難しい手術で無いから心配無いと。

主治医と呼ばれるには多少口が悪くれも信頼感の有る医師でなければ成らないと感じています。

コメントはまだありません | 山田 康晴

ブログトップへ戻る