HOME > スタッフBlog > 2015 > 10月 > 22スタッフブログ


  今、世間を騒がしているのは、ラグビーでなければ、戦争法案でもない。マンションが傾いた、くい打ちに係わる地盤調査のデータの偽装騒動である。

  当社は、かつて、地場のマンション建設の事業主として責任の大きい立場にあった。

これを知った代表者は、マンション建設を展開する伝統のブランドに大きく傷ついてしまったと嘆く。その通りと思う。この騒動を管轄する横浜市では、建築基準法違反を視野に調査すると明言しているのがどうなることやら…。

こうしたデータ偽装には、工期やコスト減など現場にとって厳しい条件が背景にあると指摘する者もいるが、果たしてそうなのだろうか。一部、報道では、今回のデータ偽装は、事業主の体質に問題があったようにいう。別の意味でそうでもないように感じる。要因を探る意味で、不正を生んでしまうような土壌があったのか、これを見過ごさない調査が必要なのである。施工の監理をどのように強化していくか、素人目で大切なファクターである。

コメントはまだありません | 村上 洋一

ブログトップへ戻る