HOME > スタッフBlog > 2016 > 8月 > 01スタッフブログ


31日投開票の東京都知事選で、政党の支援なしで戦った小池元防衛相(64)が、他候補を寄せ付けない大量得票で当選した。東京都の年間予算約13兆円を基に、約17万人の職員が左右される現状を、大改革するというのだ。期待したい。

私が注目するのは、2020年東京五輪の総経費(施設整備を含む)は当初、7300億円程度とされていたものの、それがどうしたことか、膨らみ続け、現在では「2兆円」とも「3兆円」とも言われていることの真相の究明である。私も含め、都民の多くが疑いの目を強めている。

小池氏は、7月初めの出馬会見において、利権追及などを含めた公約を掲げている。東京五輪に利権絡みの疑いがあって予算が膨らんだのでは、と指摘をしないまでも、それを明らかにして欲しいと願う。

小池氏の「都政刷新」には、元東京地検特捜部副部長だった自民党の若狭勝衆院議員がサポートするらしい。

彼は、街頭演説で「訳の分からない予算が増えると、そこには利権が介在する」と語っていた。同感である。

また、小池氏が防衛相時代に当時の事務次官の更迭に踏み切ったことも紹介された。折しも、その次官は数カ月後に収賄罪で逮捕された、という。小池氏には利権を見抜く力、実行力、決断力がある。

日経新聞に掲載された-KB2-2

8.1 日本経済新聞朝刊に掲載された小池氏の会見写真

コメントはまだありません | 村上 洋一

ブログトップへ戻る