HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治 > 金環日食スタッフブログ

金環日食

2012/5/14


                                   2012050700013_1

 

5月21日国内で金環日食が見られ、6月6日には太陽の前を金星が横ぎる。太陽の磁場に異変が生じて地球が寒冷化するかもしれないと、国立天文台などの国際研究チームが4月に発表するなど太陽をめぐる話題が熱い。「日、蝕(は)え盡(つ)きたること有り」と「日本書紀」にもあるように、日本人は古来、日食に関心が深い。太陽神天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)にこもり、天地が闇と化した記紀神話を、皆既日食の実体験にもとづく伝承ととらえる発想は江戸時代からある様です。こうした古代の天文記録や伝承を現代天文学の知識で読みとくのが古天文学の楽しみでもあります。

先日、「スーパームーン」をご覧になった方は多いと思いますが、普段よりも大きく月が見えてキレイでした。これで天文観測や宇宙に興味を持った方も多いと思われます。次の天文ショーがこの「5月21日朝の“金環日食”」です
しかし、金環日食は黒い下敷きとかサングラスとかで見てはいけません!観測に絶対欠かせないものがあります。それが“日食グラス”です。せっかく“日食メガネ”を買うならデザインにもこだわりたい!そんなわけで映画化やアニメ化で話題になっている『宇宙兄弟』と紀伊國屋書店がコラボしたVixenの“日食メガネ”価格1,575円とほかの“日食メガネ”と比べてちょっと高めな印象ですね。

annular_eclipse2      annular_eclipse4

コメントはまだありません | 佐々木 誠治
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る