HOME > スタッフBlog > 岸 照樹 > 小樽の歴史スタッフブログ

小樽の歴史

2012/5/17


この間の連休に久しぶりに子供と小樽に行ってきました。あいにくの天気で少し残念でした。

小樽は歴史的な建物が多く残されていますが、その昔、映画【千と千尋の神隠し】を思わせる様な

壮大なレジャー施設があったことをご存知でしょうか?

昭和10年、オタモイ海岸に800人収容の大演芸場や遊園地、大衆食堂が建てれ、圧巻は岸壁に

〈京都の清水寺〉を彷彿させるような巨大な料亭【龍宮閣】が造られました。

 

3eb7741c2d9c0aab3cfd7e7888a55f5bhaidennkaramonn001-02t04051202533a8ab1308c9110452258555350195f

戦前、戦後を通して1日数千人の人々で賑わったそうですが、昭和27年に漏電により焼失してしまいました。

残念です。

この他にも小樽の港に木造で造られた巨大な船着場があったりと、ビックリするような歴史が多くあります。

興味がある方は小樽の博物館やインターネットで検索しては如何ですか?

私自身、小樽は自然と文化の調和のとれた素敵な街だと思います。またいつかブラリと散策してみたいと

思います。

コメントはまだありません | 岸 照樹
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る