HOME > スタッフBlog > 志摩 辰也 > 石狩市にも風力発電が増えています。スタッフブログ


120531_1459~0001120531_1455~0001120531_1430~0001

  道北地域は、風力発電適地として有名で、150万キロWの構想も打ち出さ

れています。苫小牧市メガソーラーを建設予定のソフトバンクは、道北の風力

発電は、潜在能力で500万キロWもあると想定しています。しかし、最大の

課題は、送電網の整備が課題です。整備には、2000億円の費用が掛かり、

国の関与を強めていく必要があるようです。

  私の住んでいる石狩市にも、最近風力発電の風車があちこちで建てられてい

ます。近づいてみると大変大きなもので、大きさに圧倒されます。石狩湾新港

沿岸では国内最大規模の建設計画浮上しており、国土交通省と環境省は、洋上

風力立地の建設手引き書を5/22に策定しました。

洋上になると漁業者・自治体・自然動物等に配慮した人にやさしい安心・安

全な自然エネルギーを開発発展させていきたいですね。

コメントはまだありません | 志摩 辰也
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る