HOME > スタッフBlog > 丸山 忠 > 朝の通勤電車で・・スタッフブログ


k3446136

朝の通勤電車。
心地よい夏の陽射しが、車窓の中で流れる街並みに優しく降り注いでいる。
いつもの通り、私の駅からでは混んでいてとても座れない。
違うと言えば、私の斜め前に座って居眠りしている若いOL。
袖口をフリルで飾った、おしゃれな装い、顔もとても美人である。
だが、そんな容姿とはうらはらに、目の前の白髪の老人を差し置いて当たり前のように優先席を占拠している。
興ざめである。
最初はうつむきかげんに座っていたのだが、何駅かを過ぎるうちに後頭部を後ろの窓によし掛け、ついには口を開けはじめてしまった。
否でも応でも見たくもない喉の奥が見えてしまう。頼むから、やめてほしい。
涎を垂らしていないのが、せめてもの救いであるが、あの大阪の、ザ・おばちゃん達もビックリの見っともなさなのである。
お前は、化粧やオシャレの前に、もっと他にやることがあるだろう!
思わず心の中で叫んでしまう。
人の振り見て我が振り直せ。
うちの娘にも気をつけるように言っておこう。

コメントはまだありません | 丸山 忠
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る