HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治 > 42年ぶりの大雪スタッフブログ


岩見沢大雪倒壊

北海道岩見沢市では、大雪の峠は越えたが、17日も除排雪が進まず市民生活への影響が続いた。一人暮らしの高齢者宅の出入りが確保されていないところが、かなり多いです。

国道12号付近でさえ車1台通る事が出来ないところもあり、あちらこちらで市の除雪支援を受けたチームが、屋根の雪庇を取り除きをしていた。岩見沢市の65歳以上の高齢者は2011年で約2万5000人、高齢者率は27・9%。

一人暮らしは4373人。市内では、町会などによるボランティア除雪が行われているが、市豪雪対策本部では「自宅で手いっぱいになり、援護先に手が回らない恐れがある」とし、80歳以上の一人暮らしの人など、約2100人の家を巡回することにしている。

コメントはまだありません | 佐々木 誠治
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る