HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治 > 世界で一番高い展望塔スタッフブログ


Unknown-22

まさに木の摩天楼だ。オーストリア、ケルンテン州コイチャッハ・アム・ゼ市で建設中だ。 このエコロジーな展望台の最も興味深いのは、地域木材のみを使用している事。
らせん状に空に向かって伸び展望台に立てば、高さ約900mの同名のピラミーデンコーゲルという山を囲む緑豊かな渓谷を一望出来る。10階建て360度の息を呑むようなパノラマが見られる2つの展望台がある。特に素晴らしいのが、「Skybox」。高さ60mから一面を見わたせる。全てガラス張りの展望ルーム。階段とエレベーターで登るが、長さ50mの滑り台で降りることも出来る。主要構造は16本のラミネート木材柱を、10の楕円形リングと80の斜支柱で補強している。鉄骨は極力使用せず、500m3のラミネート木材・1,000m3の直交積層材で構成している。建設現場はまだ数週間前に着工したばかりだが、6月にはもう世界で最も高い木造摩天楼が完成する。

http://wired.jp/2013/03/30/pyramidenkogel/

コメントはまだありません | 佐々木 誠治
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る