HOME > スタッフBlog > お知らせ > ラーメンもいいけどカレーもね!スタッフブログ


かつやかつ亭かつ徳カレー研究所きた泉

さんかシュフズグリルすみだ川たまなとわいらいと

定食や北光飯店本通食堂味坊くにか

 

昨年の7月に、私のブログでラーメンを紹介しましたが、今回は、カレーライスを紹介します。私は、カレーを食べるとき、カツカレーをよく注文しますが、いろんなお店のメニューにだいたい載っています。たとえば、トンカツ屋、ラーメン屋、そば屋、レストラン等の数多くのお店で販売しています。

カツカレーは、カレーライスと豚カツを組み合わせた日本の洋食です。1948年(昭和23年)に東京都中央区銀座の洋食店『グリルスイス』で我が宿敵『読売ジャイアンツ』の千葉 茂がカツレツをカレーに乗せて食べたことが、店主の新メニューの発案となって生まれたとされています。とくに高脂肪・高カロリー食品であり胃腸にかかる負担が大きく、高糖質であるため、糖尿病対策においては、食べてはいけないメニューと挙げられる

事が多いそうです。また、「試験に合格する(勝つ)」「試合で勝つ」「選挙で勝つ」などのげんを担いで食べられることが多いと思います。

盛りつけも、さまざまなバリエーションがあります

①カレーとカツを分ける

②カレーの上にのせる

③カツ全体にカレーをかける

④その他いろいろ

今日はカレーコク道カレーまい泉

 

いろいろな、形がありますが、体調を整えるためには野菜が多い食事がいいですね。

健康に注意してたまには食べてみてください。

ちなみに、私がうまいと思ったカツカレーは、東苗穂温泉の千の湯にあるレストランの

カツカレーです。温泉に入りながら、食べてみてください。

 

千の湯

とん喜ほのか清田店みよしの丸福元太

 

幸々亭三八飯店三平山海亭世世世

コメントはまだありません | お知らせ / 照井 一浩
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る