HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治 > 眺めが変わるスタッフブログ


驚く外観と異色な家を発見!!
KUS設計「下馬の集合住宅」木造5階建(1階RC+木造4階)という触れ込みだし、
10年がかりというのも凄い。全面ガラス張り上階ファサード内側に木造の
細い部材が無数斜めに交錯し、家の中に森が有る様な不思議な表情。建物横腹を

外部共用階段がスパイラル状。各階1戸の住戸はプランもすべて異なる。
木の香と開口部側に米松の木斜格子が多数配した「踊る森」といった雰囲気で木造

の魅力を強調イイ感じな建物だ。構造は木造柱は耐火被覆の黒い柱に木斜格子は

水平力を負担するブレース。火災時に消失しても建物崩壊の為むき出しの「木」だ。
駒沢通沿いの敷地は準防火地域、5階建で1階は2時間、2階~5階は1時間耐火性能が

必要。1階はRC造とならざるを得ないが、上部は木造4階建なのだ。

施主の要望もあり木造での計画が10年前よりスタートしたが、当時は耐火木材などなく
苦節10年の素晴イエが完成されたようだが素晴らしなぁ!

諦めない事が大事デス(^^)v

http://synectics.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=20526228&i=201310/07/14/f0202414_7612100.jpg

コメントはまだありません | 佐々木 誠治
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る