HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治 > 電気のいらない自動ドアスタッフブログ


利用者の体重でドアが開閉する自動ドア。電気代がかからずCO2も排出しません。電源が無くても設置できる他、漏電・感電の危険や電磁波発生もありません。電気式に比べメンテナンスやランニングコストも軽減出来、立止ってもドアに体がはさまれる事故は起きない構造、ドア開閉速度はゆっくりでスムーズで確実にドアが開く為、車椅子利用者や高齢者、子供でも安心な自動ドア。ドア前にある踏板が沈込んで扉が開閉。人の重さの力を採用してこの原理で踏板に立ち重さでシーソーの様にドア下のピンが上がりドア内部レールが滑りドアが開閉。メリットは①電気が不要  ②災害に強い③衛生的(触れずに開くので病院での院内感染防止)④電磁波が出ないので病院等最適!!こんな機能が重視される時代ですね(^^)v

コメントはまだありません | 佐々木 誠治
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る