HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治 > 2011年ミラノサローネ 表現が多彩なLED照明スタッフブログ


 
有機ELパネル ミラノ
展示コンセプト 「 (standard)3 piano-forte(スタンダード3乗 ピアノフォルテ)」

「piano-forte」とはイタリア語で(音の)強弱を意味し、18世紀まで表現できなかった音の強弱を可能にした革命的な鍵盤楽器のことで、現在のピアノの語源でもあります。音色を操ることで生まれる無限の旋律は、吟味された光をコントロールすることで、空間における光の質を高いレベルで多彩に表現することに似ています。人や社会を元気にするパワーあふれる光から、かすかなやさしい光まで、かつての「piano-forte」のようにLEDと有機ELが切り開く新次元の光を空間展示で表現しています。

LED照明 ミラノ

コメントはまだありません | 佐々木 誠治
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る