HOME > スタッフBlog > 高橋 実 > 『政治への無関心の怖さ』Ⅱスタッフブログ


政府は、これまで憲法の規定により日本が武力攻撃を受けない限り、自衛隊の武力行使はできないと説明してきました。ところが現在の安全保障関連法案では、政府の判断によっては武力行使が認められることになります。

少なくとも海外で武力行使しないという一線を、日本は保ち続けてきました。それこそが70年前の戦争の反省であり、そこから生まれた平和憲法を生かし、非軍事分野で国際貢献に努めてきたことを忘れてはいけないと思います。

しかし武器三原則などが国会で議論されずに政府の閣議決定だけで変更されました。

今回も、安保法案が参議院で強行採決しようと、安部首相の思うままに、自公が国民の意見を無視して粛々と進められています。

以前高村正彦副総裁が「憲法の番人は最高裁であり憲法学者でない」と強調したことが強く思い起こします。この度「憲法の番人」である最高裁の元長官山口繁氏が、違憲と明言しています。副総裁はどのような反論をするのでしょうか。

いずれにせよ、何が起ころうと、だれが何を言おうと聞く耳を持たないのが今の安部政権与党です。事あるごとに丁寧に国民に説明しなければならないと、聞こえの良い答弁をするだけです。

全国各地で、有識者が先頭に立ち安保法案反対運動が拡大しています。私も廃案になることを期待しています。

本当は、年内にでも選挙が有ると良いのですが残念です。彼らが一番恐れているのは『票』=支持率です。政権の高い支持率の中でこうした政策が行われることは、ある意味で私たち国民が認めている事になります。恐ろしいことです。

故に選挙がとても重要であることが明確です。

まだ間に合いますので、お互い様認識を改めて政治に深く関心を持ち厳しく監視させて頂きたいものです。

コメントはまだありません | 高橋 実
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る