HOME > スタッフBlog > 村上 洋一 > 安寧なマチの回復スタッフブログ


   最も凶悪なヤクザ-。米国がそう評した暴力団に対する警察当局の「頂上作戦」が、福岡県警により展開されて久しい。これまで、建築会社経営者を巻き込む同市内における暴力団による威嚇は、時には死者を伴う程に激しかったが、警察の「不退転の決意」表明後、かつてない〝本気〟度で強力な取締りが行われていた。

確実に、市民を震撼させた未解決事件に関与した暴力団員が逮捕され、解決に向かっている。既に特定危険指定暴力団「K会」(北九州市)はトップを始め、枢要な幹部が逮捕されたため、壊滅状態にあると聞く。

壊滅状態となった「K会」警察の取締のに加え、官民一体となった暴排活動が功を奏したのであろう。関係者に深く敬意を表したい。この取締と活動は息長く続けなくてはならない。大いに期待するところである。

福岡市、北九州市の安寧なマチは回復されたのだろう…。

コメントはまだありません | 村上 洋一
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る