HOME > スタッフBlog > 佐々木 誠治 > 自分たちができる範囲から賛同・支援の方法スタッフブログ


被災地に多く積み上げられた瓦礫、そしてまだ処理のされていない大量の瓦礫…

そんなネガティブなイメージの瓦礫の中から光る素材を見つけ一つ一つ手作りで作られるキーホルダー。

制作するのは主に、陸前高田で職を失った主婦年代の方々と障がいのある方達の集まる福祉作業所、スーパーや工場などもなくなり女性陣が地元でお仕事に就ける割合は本当に低いく少しでも生活支援として発足。決して快適とは言えない仮設住宅での生活、もとあったご近所間のコミュニティも崩壊され、ご近所付き合いも減り、ストレスも溜まっている方も非常に多い様ですが、集まり皆で作業、食事そして話などをする事で明日への活力、希望を持って頂く為の活動。一つとして同じ物がないこのキーホルダーを身につけ、震災を忘れない為に、またこの企画で少しでも多くの瓦礫撤去、雇用創出、コミュニティ作りに役立てれば。そして一日も早い復興を願ってとても小さい活動ですが、個人が出来る支援輪の紹介です。

topimg

※商品でのトラブル・事故・怪我等の責任は一切負いかねますので予めご了承ください。瓦礫は、現地スタッフにより放射線量の検査を行い、安全を確認し、洗浄を行った上で使用しております。

■販 売

株式会社HANDMADE ( http://www.11shokunin.com/ )

TEL 011-375-7779 / FAX 011-888-1123

■広 報

LOTS (http://lots-ss.jp/ )

EN project Japan ( http://enproject.jp/ )

■制作協力

陸前高田の皆様 すずらんとかたつむり

コメントはまだありません | 佐々木 誠治
■トラックバック URL
■コメントする

ブログトップへ戻る