HOME > 土地活用土地活用

土地をどう活用するか

所有しているだけでは、十分にその資産価値を発揮しているとは言えない土地。
相続するにも多額の相続税が掛かり、所有していれば地価に左右されやすい固定資産税などの納税の必要があったりと、活用方法でお悩みの方は多いのではないでしょうか。
資産価値を高め、税金などの面でも優遇される土地活用の方法を考えていきましょう。

土地活用の手段

土地を使う

駐車場 初期投資額 低
  • 初期投資を少なく展開できる。他事業への幅広い活用。
  • 住居用地に比べて固定資産税が約6倍になる。
アパート 賃貸住宅経営 初期投資額 中
  • 老後の私的年金としてや、相続税・節税対策にも。
  • 収入減につながる周辺競争の激化や空室のリスクも大きい。
マンション 賃貸住宅経営 初期投資額 大
  • 節税に大きな効果を発揮。
  • 長期運用のため、相続や納税が難しくなる場合あり。

土地を売る

  • 税金や管理の手間から開放される。
  • 売却時に多額の税金が発生し、売却による節税効果も無い。

何もしない

  • 相続時に納税の原費とできる。
  • 農地の場合、相続時に売却できないなど、例外あり。
土地活用

土地活用にも様々な手段があります。
それぞれにメリット・デメリットがあり、土地を所有している方によって活用方法も異なるため、どの方法が最適かとは言いがたい部分もありますが、近年は土地活用方法の中でも「賃貸住宅経営」が注目されています。

賃貸住宅経営は、減税(固定資産税・相続税など)効果を期待でき、長期に渡る収入源となりえることから、老後の私的年金やお子様の教育資金など、目的に合わせた資産運用が可能です。
また、賃貸住宅経営の経験の無い方でも、専門の管理会社を利用することで手軽に経営できる面も魅力であることから、幅広い世代の方が賃貸住宅経営をされています。

不動産評価が「収益還元法」と呼ばれる、評価対象の不動産から発生する収益を基準として評価する方法が一般的となり、高品質で入居率の高い賃貸住宅を運営し続けることが、所有している土地の価値を高めることに直接関係することも、賃貸住宅経営が注目されるポイントのようです。

土地は、時代と周辺状況のニーズに合った活用を考えることでより価値を高めることのできる資産であり、次の世代へ付加価値の高い資産として受け継ぐことも可能な資産とも言えます。