HOME > 賃貸住宅経営賃貸住宅経営

「賃貸住宅経営の心構え」

入念な事業計画を立て、数多くの手続きを経て、ついにアパートやマンションなどの建物が完成しても、まだ賃貸住宅経営の準備段階です。むしろ、建物を建てるよりも、その後の経営が賃貸住宅経営のメインと言えるかもしれません。
不安定な経済状況が続く中、一般的な「郊外であれば、ファミリー向け」「都市部であれば、単身者・子供の居ない共働き世帯向け」「最新設備を揃えた間取り」だけでは、常に満室を維持できる物件とは言えなくなりました。ではその中で、どのように入居者様を集めていくか。


  1. 世帯や世帯状況や職業など

  2. アクセス、周辺の賃貸物件、学校、商業施設・医療施設など

  3. 広さや間取り、築年数、立地条件など

まずは、これら3点を徹底的に調査・分析し、その土地のニーズに合った物件の建築が成功への第一歩です。
初めはどなたも不安が沢山あるかと思いますが、地域をよく知ることから始めましょう。