HOME > 賃貸住宅経営 > 賃貸住宅経営のメリット賃貸住宅経営

賃貸住宅経営が選ばれる理由

賃貸住宅経営の最大のメリットは、長期にわたっての安定した現金収入です。こちらに注目して一種の投資目的で経営を始める方もいらっしゃる程です。固定資産税や相続税などの減税対象となったり、景気に左右されにくい目減りしない投資であることなど、賃貸住宅経営を行っていることで、他にも、多くのメリットが見受けられます。

その一方で、賃貸住宅の経営は、周辺入居競争が激しさが増す傾向にあり、常時高い入居率を維持するには適切な管理とメンテナンスが必要です。アパートやマンションを建てただけでは終わりではありません。建物を建てる前に考えた、事業計画に基づいてしっかりと管理・運営すること、むしろ建物を建てた後が大切です。

このように説明すると、初めて賃貸住宅経営をされる方には少し敷居が高いと感じられるかもしれませんが、幅広い年齢層の方が賃貸住宅経営をされています。
一見、難しそうに見えても、日々の管理業務などは宮川建設に業務を代行して運営していくことも可能ですから、随所に宮川建設のサポート体制が整っていると言えるでしょう。不安な点は何でもお尋ねください。

初めて賃貸住宅経営をされる方にも、既に賃貸住宅経営をされていて更なる展開を考えている方にも、
専門の知識が必要となる建築や税金のこと、管理・運営方法など、私たち宮川建設が十分にサポートいたします。
賃貸住宅経営には欠かせない、定期メンテナンスについて、オリジナルの長期修繕プランもご用意しております。

建物の価値を守るメンテナンスと宮川建設オリジナル長期修繕プラン

長期にわたる賃貸住宅経営では、建物をいい状態で保つことも高い入居率の維持につながります。
物件見学に来られた方の第一印象を左右する、外壁などの外観部分・エントランスなどの共用部分の定期的なメンテナンス、入居者様の要望が変化しやすい間取りや設備も、ニーズに合わせてメンテナンスの必要があります。
資産価値の高い物件づくりと維持には、賃貸住宅を建ててからの定期的なメンテナンスは欠かせません。

入居希望者様は、状態が良く手入れの行き届いた物件とそうではない物件で、どちらが選ばれるかを考えたとき、同じ条件であれば大抵の場合、前者を選択するのではないでしょうか。
高入居率維持の対策には、賃料を下げるなどの方法もありますが一時的な対策にしかならず、また、賃料を下げる=オーナー様の収入減となり経営の悪循環を招く恐れがあります。
そのためにも、事業計画に定期的な建物の修繕計画を盛り込み、修繕費・リフォーム費用を積み立てて備えましょう。

宮川建設では、長年の建築経験から得た、ムダ無くポイントを抑え・定期的な修繕の備えになる、オリジナルの長期修繕プランをオーナー様にご提案いたします。物件の修繕やリフォームについても、お気軽にご相談ください。

定期的なメンテナンスの実施で資産価値の高い物件に