HOME > 賃貸住宅経営 > 流れ賃貸住宅経営

賃貸住宅経営の流れ

Flow1 資料請求・セミナーやイベント参加などの情報収集
賃貸住宅経営のイメージをづくりをします。賃貸物件を見学するとよりイメージがつかみやすいかと思います。
まわりで賃貸住宅経営をしているご友人などがいらっしゃる場合は、その方々からの情報もぜひ参考に。
Flow2 打ち合わせ・ご相談
イメージや方向性が固まってきましたら、ぜひ私どもにご相談ください。ご所有の土地の立地条件や周辺環境に対して、入居者ニーズや住宅のトレンドを分析、最適なご提案をいたします。
合わせて、賃貸住宅経営には十分な収支計画と事業計画も必要となってきます。
アパートやマンション建設に掛かる費用の大半は金融機関からの借り入れとなる場合が多いため、事前にしっかりと収支計画を立てる必要があります。
税金面をはじめとした分かりづらい点・ご不明な点はお気軽におたずねください。
打ち合わせ・ご相談
Flow3 申込書・設計
収支計画・事業計画に検討を重ね、経営の見通しが立った段階でお申込みとなります。
お申込み後は、これまでのお打ち合わせ内容に基づき、設計プランををさらに検討します。
お客様がご納得されるまで、お打ち合わせさせていただきます。
Flow4 本契約
設計(構造・設備・電気 等)が確定しましたら、正式な工事請負契約となります。
さらにお打ち合わせを重ね、着工へ向けての最終調整へ。
Flow5 施工
いよいよ着工です。着工の前に近隣にお住まいの皆様へのご挨拶も忘れずに。工事中は現場の見学も可能です。建設中の様子や完成に近づくにつれ、アパート経営の意欲もより高まってくることでしょう。
※工事の状況によっては見学できない場合もございます。事前にお問い合わせください。
Flow6 入居者様の募集
完成の時点で満室となるよう、着工後のなるべく早い段階から入居者様の募集を開始します。
募集は地域の不動産会社に依頼するのが一般的です。詳しくはご相談ください。
入居者様募集の流れ
Flow7 完成・引き渡し
建物の完成には、自治体や民間の確認検査機関などによる完了検査が行なわれます。
その後オーナー様が、完成した物件の室内をチェックし、問題がなければ鍵の受け渡しが行なわれ、引き渡しが完了します。
Flow8 経営
初めての賃貸住宅経営でも安心の、サポート体制をご用意しております。入居中・退去時などの日常的な管理運営業務や、空室時の募集や家賃の集金、クレーム対応など、賃貸管理業務を、何かと手間になる清掃業務などを宮川建設に業務委託をして一括でおまかせできます。詳しくはご相談ください。
メンテナンスの必要性
築年数が経過するにつれ、建物の老朽化や設備の劣化などによって、次第に時代のニーズに合わなくなってくるため、長期の経営にはメンテナンスも必須となってきます。
メンテナンスには多額のコストが掛かることが予想されますので、例えば家賃収入の一部を修繕積立金として用意するなど、予め事業計画に盛り込んでおくことが重要です。