HOME > 賃貸住宅経営 > 保険賃貸住宅経営

賃貸住宅経営で入っておきたい保険

火災保険

災害が発生した際の備えとして、まずは入っておきたい火災保険。
火災保険は、火災によって(火災以外の災害に対しても補償される火災保険もあります)、建物や家財などに生じた損害の補償を目的としています。
補償の範囲や内容は、対象となる物件の種類や各保険会社により異なりますが、対象となる建物と同等のものを新たに建築もしくは購入するのに必要な金額である時価に注目し、どこまで補償されるかをよく確認して保険を決める必要があります。

保証金額について
火災保険の契約時には、保険金額を設定しますが、この保険金額(=保険契約の支払い限度額)は火災保険に加入する物件の評価額(通常は時価)と同額での契約が基本となります。
しかし、時価額の評価では、新築価格から建物の減価分を差し引いた金額が保険金額となるため、毎年減価が大きくなってしまいます。そのため、建築してから年数が経ってから、火災で全損となった場合は、支払われた保険金額では十分ではないケースが出てくることも予想されます。そういったケースに備えて、火災保険の様々な特約にも注目して契約します。
火災保険の特約としては、家賃補償特約(火災が発生して建て替えが必要となった場合、建て替え期間中の家賃を補償する)や価額協定保険特約(火災保険に加入した物件と同等のものを新たに建築あるいは購入するのに必要な金額=新築価格保険金額を設定する)などがあります。

無駄の少ない契約の一例

時価または再調達価格と同額で保険金額を設定し、さらに価額協定特約を付ける。
※物件や契約する保険内容により異なるため、あくまで一例です。詳細はご相談ください。

地震保険

2011年3月に発生した東日本大震災などをはじめ、近年、日本では大規模な地震が頻発しています。
地震に対する備えとして、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害から、居住用建物と家財を補償する、地震保険は不可欠なものとなっています。
火災保険とセットで加入が一般的ですが、火災保険にのみ加入中の方でも、火災保険に地震保険を加えて加入することも可能です。

保証金額について
地震保険では、生活用動産(居住用建物と家財)が対象です。
居住用建物が5,000万円、家財が1,000万円を補償限度金額とし、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で地震保険の保険金額を決めることも可能です。

住居用建物と家財の補償範囲

  • 全壊
    保険金額の全額(時価が限度)
  • 半壊
    保険金額の50%(時価の50%が限度)
  • 一部損
    保険金額の5%(時価の5%が限度)

※建物と家財の、全壊・半壊・一部損の基準はそれぞれ異なります。
故意もしくは重大な過失または法令違反による損害、地震の発生日から10日以上経過後に生じた損害、
戦争・内乱などによる損害、地震等の際の紛失・盗難の場合は補償されない場合があります。

地震保険料の割引制度

●耐震等級割引
契約開始日が平成13年10月1日以降かつ「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に規定の日本住宅性能表示基準に定められた耐震等級 (構造躯体の倒壊等防止) または国土交通省の定める「耐震診断による耐震等級 (構造躯体の倒壊等防止) の評価指針」に定められた耐震等を有した建築物である場合、耐震等級割引が適用されます。
耐震等級による割引率

●その他 割引制度 / 契約開始日 平成19年10月1日以降

  • 建築年割引
    昭和56年6月1日以降に新築された建物である場合、10%割引
  • 免震建築物割引
    住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく免震建築物である場合、30%割引
  • 耐震診断割引
    地方公共団体等による耐震診断または耐震改修の結果、建築基準法の耐震基準を満たす場合、10%割引

※耐震等級割引、建築年割引、免震建築物割引、耐震診断割引は重複して利用できません。

地震保険料控除

平成19年1月から、所得税が最高5万円、住民税は最高2万5千円を総所得金額等から控除できる地震保険料控除が開始になりました。

その他保険

アパート・賃貸マンションの長期間に渡る経営の中で、建物の不備によって入居者様や近隣にお住まいの方にけがを負わせてしまうなどの不測の事故や事件などが発生し、経営に支障が出る可能性もあります。
このようなリスクに対しての施設賠償責任保険にも、ぜひ加入しておきたいところです。保険の種類によっては、火災保険の特約として契約できる場合もありますので、確認してみましょう。
その他、入居者様によって建物内部が破損された場合、空調・給湯設備が故障した際などに補償が受けられる保険や、事故や自然死・自殺などが原因で空室になった場合の家賃を補償する保険もありますので、加入しておくと安心です。