HOME > 賃貸住宅経営 > 税金賃貸住宅経営

賃貸住宅経営と税金

賃貸住宅経営では、様々な納税が必要になります。
安定した事業計画をたてるためにも、賃貸住宅経営に必要な税金についてご紹介いたします。

不動産を取得した初年度のみ必要な税金

  1. 印紙税
    建築工事請負契約時や建築資金のローン借入締結時に必要。
  2. 登録免許税
    所有権保存登記(建築物の完成時)、抵当権設定登記(建築資金借入時)など、登記の申請に必要。
  3. 不動産所得税
    不動産を実際に取得した時に必要。新築の場合、一戸の床面積によって減税措置あり。申告が必要な場合は、不動産取得後60日以内に申告する。

不動産を取得した後、毎年必要な税金

  1. 固定資産税
    3年に1度見直しされる評価額に基づいた課税標準額に税率をかけて算出する。一定条件を満たすと軽減措置あり。毎年1月1日付で課税。
  2. 都市計画税
    毎年1月1日付で課税。
    固定資産と同様、一定条件を満たすと軽減措置あり。
  3. 固定資産税・都市計画税の納税の必要性
    これらの毎年納税する税金は、不動産関連の事業を行うことで利用することになる、市町村の様々な行政サービスに対しての負担金として考えます。

詳しくはコチラ 固定資産税・都市計画税対策について

不動産賃貸するときに必要な税金

  1. 所得税・住民税
    不動産による所得も所得税と住民税の対象です。
  2. 事業税(都道府県税)
    一定規模以上の不動産貸付の場合に必要。
  3. 消費税
    家賃、共益費、礼金・保証金等のうち返還しない金額には消費税はかかりません。駐車料金に関しては一部例外があります。

詳しくはコチラ 所得税対策について

賃貸住宅経営で変わる土地の税金

例えば土地に建物を建てた状態で相続すると、相続税の減額が見込めるなど税金面でのメリットが大きかったり、賃貸住宅経営をしている場合には毎年納税の義務がある固定資産税や都市計画税が減額されたり、賃貸住宅経営で優遇される面もあります。
一方、更地の所有では、その土地に対して何も軽減措置は無い状態での課税評価となりますので、比較すると大きな差があることがわかります。
同じ土地でも、土地を所有しているだけと同じ土地に建物を建てている状態では、税金が異なるため注意が必要です。

詳しくはコチラ 相続税対策について