HOME > 賃貸住宅経営 > 税金 > 相続税対策賃貸住宅経営

相続税対策

相続税は土地・建物といった不動産の場合の評価額は、一般的には時価(原則的には、相続開始時の時価)より低いことが多いことから、現預金の相続よりも有利だといわれています。
土地に賃貸住宅を建てた状態で相続すると、貸し家を建てることによる「貸家建付地による評価減」と賃貸住宅経営による「貸家による評価減」が適用されることから、土地も建物も相続税の評価額が低くなり、結果的に相続税の減額が見込めます。

それぞれの時価を100とした場合の土地と建物の相続税評価額イメージ

  • 土地の相続税評価額のイメージ
  • 建物の相続税評価額のイメージ

※土地の公示価格を時価とした場合。土地は小規模宅地の特例によりさらに評価減が見込める場合もあります。

賃貸住宅を相続すること

賃貸住宅を相続することは、土地と建物は現状まま継続することになりますので、入居者様がいらっしゃる場合は土地だけではなく収入源も引き継ぐことになります。
これらの、いわば不労所得とも言える財産の相続には、多額の相続税が発生します。
生前贈与を上手く利用するなど、相続税に備える手段はいくつもありますが、相続税対策には相続する資産の評価額を下げることが効果的です。その手段の一つとして、賃貸住宅経営は効果の高い節税手段といえます。